IEON・セイバン・神田屋鞄製作所のランドセルを背負って触って比較

IEON製とセイバン製、神田屋製のランドセルを実際に比較してきました。

前に子供と総合スーパーで見た時はテンションが上がりすぎてどれも欲しがり、きちんと比較できませんでした。あれだけあれば目移りしちゃうよね。

なので、今回は「今日は検討だけで買わない」こと、「IEONに行ってランドセルを見た後にランドセル専門のお店にも見に行く」ことを伝えておきました。

6年間使うものだから、しっかり見て背負って選ぼうねとも言っておきました。

IEON製にトライ

イオンの子供王国の目立つ場所にランドセルコーナーができていました。

かるすぽなどIEON製のカバンが並んでいたので、黒いランドセルを背負わせてみました。事前にチェックしていた通りの作りです。

背負った息子は「うん、いい!」と上々の反応。

自動でロックがかかるところを息子は気に入って「これにしたいなぁ」と言いました。夫もロック機能に驚いていましたが、自動ロック機能は今は標準装備です⇒幼稚園から貰ってきたランドセルのカタログ3冊を比較

2kgのおもりが売り場に用意されていて便利でした。

セイバン製にトライ

天使のはねシリーズもイオンに沢山ありました。むしろ、IEON製よりセイバン製の方が数が多かった気もします。

何か違う?って聞いてみたら「こっちのがいい!」との返事。

どうやら背負った感覚が違うようです。実物は見るからに前部分の作りが違います。夫は何か違うの??みたいな感じだったので、カタログを見てチェックしていた、ベルトのラインがくにゃっと曲がっている事などを説明しました。

再度IEON製のを背負わせてみたら、何も言わずにすっと下ろされました。次々に背負ったものを良いと言ってるわけではなく、違いは分かっているようです。

IEON限定コラボのアディダスとプーマの天使のはねバージョンもあり、どうやら夫はプーマが気に入った様子。息子もまんざらではなさそう。

天使のはねシリーズのプーマモデルにしようか?と言いながら、イオンを後にしました。

神田屋製にトライ

私の目当てはやんちゃな息子にぴったりの、ストロングシリーズ。

手に取ってみると、肩ベルトの形がストレートに見えます。天使のはねシリーズより背負いごこちが悪いのではないかと思ったのですが、息子によると「これ、いい!」どうやら背負いやすいようです。

よく見ると少しだけカーブがかかっています。クッション性がいいからかな?

神田屋鞄製作所のランドセルは品があって作りもよく、夫も私も気に入りました。第一候補に繰り上がりです。

神田屋鞄製作所については長くなるので、この後別記事にします⇒神田屋鞄製作所にランドセルを見に行ってきた感想

まとめ

リビングの目に付くところにカタログを広げて置いといたりした成果か、夫もランドセルに興味を持ってくれていて、3人ですんなりランドセル比較ツアーに出発できました。

お店をハシゴして1日に3種類を見て回るのは子供の疲れが気になりましたが、実際に背負った感じを忘れことなく比較できて良かったです。

お子さんの体型や好みによっても変わってくるとは思いますが、うちの息子にとって背負いやすさは「IEON<天使のはね<神田屋鞄製作所」のランドセルの順でした。

うちはギリギリ首都圏で幼稚園の斡旋もあり神田屋鞄製作所を候補に選びましたが、各地域に根付いたランドセル工房はあちこちにありそうです。

複数種類のランドセルで迷っている方は、イオンなどに寄ってから行くと違いがよりハッキリして良いかもしれません。

イオン、セイバン、神田屋鞄製作所のカタログを比較したブログ⇒幼稚園から貰ってきたランドセルのカタログ3冊を比較