スイミングのコーチと電話

6月の頭から行っていた、スイミングの1ヶ月体験。

練習を見に行くつもりだったのですが、私の体調不良で行けませんでした。

なので、様子を聞くためにスイミングスクールに電話してみました。

なかなかコーチが捕まらなかったのですが、なんとか話を聞けました。

スポンサーリンク

スイミングのコーチは忙しい

息子のクラスは3時半~4時半です。なので、4時45分に電話しました。

すると、コーチは既に次のクラスに入っているとのこと。何時に終わるか聞いたところ、今日は連続で入っているから終わるのは7時だと言われました。

凄いな。何クラス持ってるんだろう!?

では、7時ごろにかけますと言ったら「7時過ぎにこちらからかけさせます」とのことなので、お願いすることにしました。

そして、7時…7時10分…7時20分…まだかかってきません。

子供の寝る時間がどんどん延びてしまうので、こちらからかけてみました。

そうしたら。

「コーチは既に帰宅いたしました」

なんですってぇぇぇぇぇ!待ってたのにー!かけさせてくれるって言ってたのにー!

でも、コーチはぶっ続けでクラス入って疲れたのだろう。

私がコーチに求めるのは子供に安全に泳ぎを教えてくれることで、私に良い対応をすることでは無い…!と割り切って、不満は口にせず、翌日こちらからかけることにしました。

スイミングのコーチに電話する

事務の人が言っていたお昼時に電話したら、コーチに繋がりました。

が、しかし。

事務の人が言っていた「紙に書いてあったコーチ名」は、現在息子を見ている体験のコーチ名ではなかったらしい orz

事務の人…。。。

ちょうど息子のコーチがいたらしく、電話に変わってくれました。

体験の様子はというと、泣いたりワガママ言って集団行動を乱したりすることなく、クラスに溶け込んでいるらしいです。

かなり上手にできていて、6月末のテストで一番下のクラスからは上がれそうなこと、水中ジャンプやもぐりができるとか習熟度も教えてくれました。

初めは20級?から始まって、しばらくは4級上がるごとに帽子の色&コーチが変わるようです。

プレゼントで貰える帽子が16級~13級の間、長く使えそうで良かったです。17級から入ると、一番下のクラスにいる時間が短くてすぐに帽子買い替えだもの。

体験後は入会決定

コーチはしっかりしていそうだし、このまま続けることにしました。

息子は毎回「楽しかったー!」っていいます。

今日はどんなことをしてきたの?と聞くと「プールで遊んできたよ!」がほとんどで内容がわかりませんでしたが、スイミングスクール=遊びなら、本当に楽しんでいるということでしょう。

今は完治している足の皮のベロベロも、プールとは関係ないとお医者さんにお墨付きをもらっているし⇒子供の足の指の皮がベロベロむけた!何故?お医者さんの判断は

正式にスイミングを習うことに決めました。

スポンサーリンク