お友達からお手紙を貰ったけれど返事したくないらしい

息子が幼稚園のバスから降りてすぐに

「Kちゃんからお手紙をもらったよ!」

といいました。

ブログに今まで何度も出てきたことのあるお友達のKちゃんから、再びお手紙が来たようです⇒女の子に気に入られているらしい

スポンサーリンク

すごいお手紙

前回は「だいすけ」と可愛く飾り文字で書かれた紙でした。

お手紙なのかな?差出人もないしたぶんKちゃんからと思うけれど・・・

って感じでした。ところが、今回のお手紙はちゃんとしたお手紙でした。一部読めないけどちゃんとした文字がいっぱい書いてあります。

だいすけだったら一文字しか書けないようなサイズのけっこう小さい紙です。なのに大人顔負けのちゃんとした文字数!

そしてしっかりハート形に折ってありました。更に新幹線のメモ帳が挟んであって「だいすけくんへ Kより」って書いてありました。

すごいなー!文字が沢山かけて、折り紙も上手に折れるのか!

お返事を書きたくないと言われる

お手紙貰ったからお返事書こうねと言ったら。

息子「お返事しないよ?」

私「なんで?」

息子「だって僕はひよこさん(年少)の時にお返事したもん」

前回のお手紙いきさつ⇒モヤモヤするような凄いような初めてのお手紙?交換

やっぱりあのお手紙はKちゃんからだと認識していないみたい。改めてあのとき貰ったお手紙はKちゃんからだったこと、前回のやりとりは「お手紙⇔紙飛行機」だったけれど今回もお手紙を貰ったから今回の分のお返事が必要な事も説明しました。

しかし、分かってもらえません。

息子「紙飛行機のは先生からお手紙貰ったんだよ」

私「そうだね、先生とKちゃんに紙飛行機折って、先生からもお手紙貰ったね」

息子「だからお返事しない」

私「Kちゃんからもお手紙もらったでしょ?」

息子「先生からもらったんだよ」

私「うん、先生からも貰ったけど、Kちゃんからも貰ったよね」

息子「お返事しない!」

どうもうまくいきません…。

無理強いするのもなんだし、お返事は持たせませんでした。

Kちゃんがどう出るのか。息子の気は変わるのか。この時点では、最低限の働きかけはしたけれど、これでいいのか迷っていました。

急に書くと言い出す

ところが。

次の日のお風呂前に、先生へのメッセージカードに買ったケント紙の残りを取り出しました⇒年少さんは先生へのメッセージカードを年長さんとは違った感じに作ったほうがいいいと思うワケ

息子「これ使っていい?」

私「いいけど、何に使うの?」

息子「Kちゃんにお手紙書くの」

なんと、急にお返事を書くと言い出したのです。前日私が書こうと言った時には全然のってこなかったのに。

もしかして言われて書くのが嫌だと思う年頃になったのかな?と思いつつ、見守ろうとしたら。

「Kってどうかくの?」

「ご本のページひらいて」

片側に大きく文字が書いてある絵本を文字のお手本にして書くようです⇒もじの絵本でひらがなブームがやってきた

てっきり、絵をかいてお終いなのかと思ってました。書きたい文字を言われるたびにページを開いて、見本にして書きました。

帰ってきた夫に話したところ「Kちゃんに催促されたんでしょ」と。試しに朝から聞いてみたところ、本当にKちゃんに「だいくんも、おてがみ書いて」って言われたから書いたらしい。

親に言われるのが嫌だったのかとか、お母さんは先走り過ぎました。

それと、お友達とのかかわりには親が口を出さなくても良いことに気づきました。自分たちだけでマナーやルールを学んでいける年頃なのですね。

その後のお手紙

お返事を返して1週間くらい。

更にお手紙を貰ってきました。今度はカタカナまで入っています!

どこまでできる子なんだKちゃん。

Kちゃんママに聞いたら、Kちゃんはしまじろうをやっているらしいです。やっぱり通信教育とかしていると早いのでしょうか。

そのお手紙もやっぱり返事を書きません。

更にその1週間後にお手紙を貰ってきましたが、やっぱり手紙を書きません。この間のピクニックで息子の中のKちゃんの好感度が上がっているみたいなんだけどなぁ⇒初対面ママ3人とピクニック…反省しています

私が促してもその気にはならないし、返事が欲しければ催促されると思います。返事を書かないことでこじれるならそれも勉強だと思い、今後は口を出さずに温かく見守る予定です。

スポンサーリンク