タダで簡単に子供の耳を英語に慣れさせる裏ワザ

息子の幼稚園は英語の時間があります。

その時にネイティブの講師に 「good!」 とか良く言われているみたいです。

褒められるのはもしかして今までずっと英語に親しませてきたおかげもあるかな?と思ったので、我が家でやっている裏ワザを紹介しちゃいます。

YOUTUBEの英語を子供に見せるとか、そういうこともありだとは思うのですが…もっと簡単なことをしています。

スポンサーリンク

親が見るだけ

2ヶ国語のTVが入る地域に住んでいる方は、自然と2ヶ国語を話せるようになるらしいです。羨ましいですが、日本ではほとんどのTVが日本語です。

だから日常的に英語を聞かせるために教材などを買ったりするママさんも多いです。

うちも、昔は「ディズニーの英語システム」とか検討しました。あちこちで良く見かけますが、申し込むとなると結構お高いんですよね…。幾らくらいかかるか知っていました?

日本で英語のTVが見られたらなぁって思っていたら。

英語でもみられる番組があることに気づきました。

その番組は…

ニュース です!

午後7時と9時は2ヶ国語に対応していて、副音声で英語にできるのです。

よって、することは!

親が7時のニュースを英語で見るだけです。

小さい時の方が耳が外国語に対応しやすいらしいと知ったのは2歳の頃。それから、うちではずっとニュースを英語にしています。

やり方は本当に簡単です。

うちのリモコンなら「音声」ボタンを押すだけで

日本語→日本語/英語→英語

の切り替えができます。

一度切り替えておけば、次からもずっと英語で流れます。

ニュースを英語で見るメリット

わざわざ子供のために何かアクションを起こす必要がないのはメリットでしょう。

Eテレの「えいごであそぼ」や「プレ基礎英語」も良いと思います。でも、短いのでちょっと時間が過ぎるだけで終わっちゃっています。わざわざ録画して見せても子供が興味をもたないこともあるし。

その点、ニュースなら大丈夫です。

大人が見るニュースを英語にするだけなので、無理に子供に見させる必要はありません。

もし全く見てなくても、耳には入っています。それに、一緒に座って見なくても、子供は親が見ているTVに興味を持ち、見ていないようで見ています。

子供に英単語を覚えさせるためには、分かりやすいアニメとかの方がいいらしいですが…まだ日本語の単語すら十分に覚えていないので、そこまではいらないと思っています。

ニュースは外国の方が画面を見つつ副音声の英語で理解できるように作られています。音声と画面の関係という意味では十分だと思います。

流れる内容は毎日変わるため、大人も子供も飽きることがありません。

あんまり見損ねることは無いですが、30分間やっているので多少過ぎていても終わっていないし。

ニュースの声はネイティブの英語です。

私は海外に行った時に、外国の方の英語が聞き取れなくて苦労しました。全く同じことを言っていても、日本人の話す英語なら聞き取れるのに。やっぱり、子供に英語と親しませるなら耳が慣れるのが一番だと思います。

うちの場合

午後7時前の天気予報を見た後、そのままの流れでニュースを見ます。

ニュースなので殺人事件とかも流れますが、英語なので覚えてほしくない言葉を覚えちゃうことも、もちろんありません。

たまに「この人なんでおまわりさんに捕まってるの?」とか聞いてくるので、悪い事をしたからだよ、とか、子供にふさわしいと思う言葉で教えてあげます。

ほんのちょびっとでも英語に親しませたいと思っているなら、7時のニュースを英語で見るのがおすすめです。

余談ですが、ディズニー英語システムは無料で体験版のDVDが貰えるシステムです。無料なのに凄いクオリティで、2歳の頃は何回も繰り返し見ていました。



英語をTVで見せたいって思ってる人は、DVDとかを買う前に無料体験版を貰うのもアリだと思います。

PR「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!

スポンサーリンク