3歳児と楽しく作れるアイスボックスクッキー

ダイソーのクッキングシートの箱に、市松模様のクッキーとぐるぐる渦巻き模様のクッキーが載っています。3歳になった息子が、クッキングシートの箱を指さして作りたい!と言ったので…

待ち時間が長いアイスボックスクッキーを子供と作るのは難しいと思ったのですが、試してみました。

今回は普通レシピでの苦労と、3歳児と楽しく作れるようになった私流のアイスボックスクッキーの作り方を紹介します。

スポンサーリンク

普通にアイスボックスクッキーを作るとこうなる

カロリー面と費用面を考えて、初めはクックパッドの素朴なレシピで作ってみました。

生地を1時間寝かすのですが、冷凍庫に入れると早く早くと言います。「待つって言ったよね?」と聞くと少し黙るのですが、やはり我慢できないみたい。

「もう冷やさなくていいから、すぐ食べよう!」…言うと思ったよ。

でも、アイスボックスクッキーの生地はゆるめなので、冷やし固めないと切れません。待つと言ったからには、待たせました。30分。

流石に1時間は私の精神力が持たないので、ギリギリ切れる程度の硬さで切っちゃいました。急かされ続けて物凄いストレスでした。

でも、息子は気に入ったようで「また作りたい!四角いクッキー!」と言われたので、一番の問題である、冷凍庫に入れての待ち時間をカットするレシピを考えました。

生地を扱いやすくする必要があるので、油分は普通より少な目です。

 アイスボックス?クッキーの材料

2色作らないと模様が作れないので、プレーンとココア味を作ります。我が家では冷凍保存しておくのではなく毎回作るため、ごく少量ずつです。

材料はこんな感じです。

プレーン

  • 薄力粉 30g
  • バター 5g
  • サラダ油 10g
  • 砂糖 10g

ココア

  • 薄力粉 30g
  • マーガリン 5g
  • オリーブオイル 10g
  • ココア 15gくらい

プレーン・ココア共にマーガリン5gサラダ油10gでも作れます。

でも、プレーンにバターを入れたほうが風味が良くなります。サラダ油よりオリーブオイルの方が身体によいですが、全部をオリーブオイルにすると風味が独特すぎです。

手間をはぶくためにプレーンにマーガリンのみ、ココアにサラダ油のみとかにすると、ふくらみに差が出て綺麗な形になりません。歯ごたえにも差が出ます。

我が家では、4種類の油分を5gと10gで入れていますが、油分の配分は合わせて15gになるならお好みで大丈夫です。

この配合には個人的なこだわりがありますが、簡単に作りたい!って方はマーガリン5g・サラダ油10g・薄力粉30g+プレーンは砂糖10g、ココア味はココア15gでも大丈夫です。

作り方

型抜きクッキーを作る時と同じく、作り方は簡単で4ステップ。

  1. プレーン・ココアとも、全ての材料を各々厚手のビニール袋に入れる
  2. もみもみして均等に混ぜる
  3. 形を整えて横から薄くスライスする
  4. 160度のオーブントースターで焦げ目がつくまで焼く

これだけです。

とはいっても、初めてのお菓子づくりにアイスボックスクッキーを選ぶのはおすすめしません。断然簡単な型抜きクッキーに慣れてから作るのがいいと思います⇒2歳児と一緒に作れるかんたん型抜きクッキー

形を整えるところが、

市松模様なら

  1. それぞれ長方形に整える
  2. 縦半分に切って互い違いに重ね、くっつける

ぐるぐる渦巻き模様なら

  1. それぞれ薄く四角に伸ばす
  2. ラップの上に重ねて置き、くるくる巻いていく

マーブル模様なら

  1. 適当にくっつけて丸や四角、三角形に整える

息子はまだマーブル模様しか作れません。市松模様にするといつの間にか形が無くなります。力の入れ具合が難しいみたい。

切る時は崩れないギリギリの薄さで、なるべく薄く切るのがおすすめ。焼き時間が5分くらいに短縮できます。

アイスボックスクッキーなのか?

  • 冷凍させない
  • 生地が緩くない

この2点から、アイスボックスクッキーと言っていいのかちょっと自信ないのですが、出来上がりはどこからどうみてもアイスボックスクッキーです。

もしも型抜きクッキーに飽きたら、アイスボックスクッキー作り、やってみてくださいね。

また、夏場はとってもお手軽なゼリーもおすすめです⇒材料2つ。3歳児と作れる簡単ゼリー

うちではアイスボックスクッキーを簡単に作れるようになったらお料理のお手伝いに移りました。ただ、包丁は我が家ではちょっと失敗したので、慎重さが必要かもしれません⇒子供包丁デビュー!安全だからと油断してしまった

スポンサーリンク