勉強したくない子どもと親子ゲンカしまくりの夏休み

学校が始まってホッとしています。

この夏休みは、勉強をしたくない子どもと親子ゲンカをしまくりでした。

今まで「勉強をしなさい」と言わずに来られたのですが、小2のこの夏休みだけは別でした。

ひらがなの練習をやりたがらない

夏休みにした勉強で一番大変だったのは、ひらがなの練習です。

親子ゲンカもひらがなの練習に関してです。

小2にもなってひらがな…?と思われるかもしれませんが、詳しくは前のブログに。⇒汚すぎるひらがなを2週間の練習でキレイに

勉強は子ども本人のためにするから、無理強いはしないなどと言っていられなくなりました。

もう小2だからね。というか、小2でひらがなって、勉強といえるのか???

本人も読めない汚さから、なんとしても誰でも読める上手さというか、普通の文字までもっていかねばなりません。

保護者面談で注意された後、話し合ってひらがなを練習することにして、ノートも買いました。

なんでやらなきゃいけないの!とキレる

ひらがなの練習をはじめて2日目には、「なんでやらなきゃいけないの!」と息子がキレました。

すぐに上手く書けるようにはならないからね…。アドバイスも聞かないし。

叫ぶ、私の手を叩こうとする、ノートをえんぴつで塗りつぶす、消しゴムを投げる、えんぴつを机から落とす、ノートをぐしゃっとする。

優しく返すのも面倒になったので、私も同じように返しました。

私「なんでやらなきゃいけないと思う?」

息子「しらない!だから、やらなくていいね!」

私「やらなくていいの?」

息子「やらなくていいって、いってるでしょ!ほら!おしまいぃっ!」

私「先生に保護者面談で、もじの汚さを注意されたからやりはじめたんだよね?」

息子「・・・やりたくないの!」

私「そっかぁ。お母さんもやりたくないよ。」

息子「もうやらない!」

私「お母さんもるのやめようかな。」

息子「じゃぁ、やらなくていいよ!!!」

私「やったぁ!これからはだいすけ一人でやってね!」

息子「やだ!だめ!お母さんも一緒にやるの!」

私「でも、お母さんやりたくないし、やらなくていいんでしょ?」

息子「やるのー!お母さんが酷い!うわぁぁぁぁぁん!」

小2にもなって、ひらがなの練習で泣く息子。ちょっと幼い?

とりあえず、なんでやらなきゃいけないの!の類はこんな感じの受け答えを毎回して、継続が決まるようになりました。

何回も何回もこんな感じにキレられて、ほんと、私の方がキレたいですよ。ちょっとキレてたかも。

でも、いま息子の書く文字を見ると、ストレスMAXでも親子そろって頑張ったかいがあったと思います。

この文字なら、誰でもふつうに読めるレベルだ!

「い」の文字もちゃんと右側の2画目が短くなってるし。親子ゲンカしまくってもひらがなの練習をさせて良かった。