【切迫早産】37wを迎えて2度目の退院まで

切迫早産での初めての入院から、2ヶ月超。

ついに、37wを迎えました!

そして、2度目であり、今度こそ本当の!退院です!

もう切迫早産ではありません。

再入院してからのことを書きます。

切迫早産で再入院後の日々

再入院してからの日々、前半は退院前と同じでした。

常に腕から点滴で10ml/hのマグセントを入れ、張りを抑えています。

初めの数日は副作用があったものの、徐々に落ち着き、毎日安静にするだけ。

多少ボーっとするくらいで、暇つぶしにスマホをいじり、ご飯を食べると一日が終わりました。

血管がだいぶん回復していたため、点滴の漏れや差し替えに悩むことはありませんでした。

一旦退院したことで、自宅は自由だったことを痛感しました。

好きなものを食べ、好きな時に動き、好きなことをできていたんだなと。

点滴を切った張り返しがきた

36wに入り、切迫早産のためのマグセントという点滴を切りました。

36wに点滴をやめて、退院が37w?と思ったかもしれません。

点滴をやめたことによる、張り返しが酷かったのです。

点滴を切った日の夜、お腹が頻繁に張って、しかも強い激痛がきました。

病室でお腹の張りが3分~4分間隔になったため、またもや分娩室に移されました。

分娩室のNSTという張りを測る機械で見たところ、張りの間隔が1分~2分間隔になっていました。

このままお産になるかもしれない。早産ではあるけれど、この病院なら大丈夫。と説明を受けました。

病院からお産セットのバッグを受け取り、2時間くらい分娩室で過ごしましたが…

張りはあるものの、子宮口が開かなかったらしいです。つまり、陣痛ではないと。

分娩室でこのまま寝る方がいいけど、病室に戻ることもできると言われたので、病室で就寝させてもらうことにしました。

痛みで起きることもありましたが、ほぼ寝ることができ、朝には痛みはほどほど、張りの間隔もほどほどになっていました。

張り返しが収まるまで退院延期

翌日の朝の検診時に、お医者さまから退院についてのお話がありました。

「36w過ぎて点滴も外しているため、今日退院することは可能です。」

「ただ、張りが強いので、毎晩、入院となる可能性もあります。」

「どうされますか?」

前回の退院時も思いましたが、私が入院していた病院は、退院に関する決定は患者の意思が尊重されるようです。

病院までは車で30分~1時間。毎日入退院を繰り返せるほど近くはありません。

それに、お腹が数分おきに激痛レベルで張っている中、病院まで来るのだけでも大変です。

本当は点滴を外したら36w中に退院する予定でしたが、張り返しが強かったため退院を延期してもらいました。

結果的には、退院は延期して良かったと思います。

37wになるまでの1週間、日によってばらつきはありますが、陣痛なのでは?と不安になるくらいに強い張りが、夜間に何度か来たからです。

段々落ち着き、慣れもあり、37wになる頃には退院しても大丈夫だと心がまえもできました。

毎日お腹が張って痛いですが、小1の息子が大喜びしてるし、退院できて良かったです。