『東大合格生が小学生だったときのノート』を読んだ感想

小学1年生になり、息子は小学校の授業でノートを使い始めています。

何でも初めが肝心だと思っているため、ノートについての本を手に取りました。

まだ早い内容も多かったですが、役立ちました。

『東大合格生が小学生だったときのノート 』を読んだ感想

東大合格生の小学校の頃のノートを分析し、ノートはどのように書くといいのかをまとめてある本でした。

ノートには線を引いて書くとか、文字の癖に合わせたノートを選ぶとか、小学3年生くらいになると生かせそうな内容が多かったです。

ただ、こんな感じの小学1年生から役に立つノートを書くときのコツも載っていました。

  • ノートは自分のために書く
  • きれいな文字で書く

さっそく息子に「ノートって何のために書くか知ってる?」と聞いてみたところ「あとで分かるように?」と答えが返ってきました。

なので、「そうだね、後で分かるように、自分のために書くんだよ」と伝え、「だから後で読みやすいように、きれいな字で書くんだよ」と言っておきました。

意外だったのが、理科のノートの見本を見た息子のノート欲に火がついたことです。

今はチャレンジ1年生付属のひまわり観察ノートを使っています。

それが、自分でより詳しい絵入りのノートを作ることにしたようです。

どことなく『東大合格生が小学生だったときのノート 』の写真ページを彷彿とさせるノートが出来上がりました。

他の人のノートを見る機会はめったにないと思うので、本をチラ見せできて良かったです。