1人目でできなかった無痛分娩を2人目こそ!

私は1人目の出産時も無痛分娩を希望していました。

希望をハッキリ出して、無痛分娩できるのかな?と思いながら出産に臨みましたが、最終的には無痛分娩にはして貰えずに普通分娩での出産でした。

今度こそは無痛分娩!と勢い込んで無痛分娩を取り扱っている産院に申し込んでみました。

頼み込んでも無痛分娩にして貰えなかった東北での出産

私は今は関東地方にいますが、1人目の時は東北地方の地方都市にいました。

出産を取り扱っている産院は限られていて、その辺りでは附属総合病院が最高の出産場所でした。

そこで分娩はできたのですが…無痛分娩を取り扱っているものの、検診の時にお願いしてもOKがもらえません。そして、出産中にも何度も頼み込んだのですが、無痛分娩にはして貰えませんでした。

附属病院の分娩の予約

東北地方にいた時、レディースクリニックで妊娠が分かるとすぐにお医者さまにプリント物を貰って、こう言われました。

「附属総合病院の出産を希望するなら○月×日△時にこの電話番号で電話予約をしてください。絶対にこの時間にかけて。繋がらないと思いますが、時間をおかずに何度でも繋がるまでかけ続けてください。」

その後再び看護婦さんからも同じことを言われ…指定日に電話をかけ続けて分娩予約をとりました。

その附属総合病院は無痛分娩を取り扱っていると書いてあったので、無痛分娩にしてもらうつもりでした。

無痛分娩OKと言って貰えない

初検診の時から「無痛分娩を希望します!」と言うも、「妊娠経過は順調です。普通分娩できますよ。」としか返ってきません。

毎回しつこく言ったからか「出産時に様子を見てからにしましょう。」とのお返事をなんとか引き出します。

出産当日。初産は10時間くらいと言われていたのに15時間以上経過し、陣痛の痛みが限界だったので「無痛分娩に切り替えては貰えませんか?」とお願いするも、煮え切らない態度です。

20時間が経過して「お願いします!お願いします!無痛分娩に!少しでもいいので!お願いします!!!」とめちゃくちゃ頼み込んだら助産婦さんが先生に聞いてくださることに。

助かった…と思ったのもつかの間「ダメだそうです。この状態が3日くらい続いて母子ともに限界近くなったら切り替えるそうです。」との答えで絶望。

27時間ちょいで普通分娩で生まれ、もう二度と子供なんて生まないことを固く決意しました。

関東は無痛分娩できると知り2人目を希望

しかし、その後夫の転勤で関東に戻り、関東には無痛分娩を扱っている病院が複数あることを知りました。

無痛分娩できたという、とっても羨ましい口コミやブログもちょこちょこ発見。

もしかして、関東にいる間に出産すれば無痛分娩できるんじゃないの?ということで、2人目を考え始めました。

なかなか授かりませんでしたが、この度、ついに妊娠しました。

無痛分娩にしてもらえるように申し込む

ということで、めちゃくちゃドキドキしながら無痛分娩を取り扱っている産院にかかり、お願いしてみたのですが。

返事を保留されてしまいました…

無痛分娩の希望を保留される

初回診察時、妊娠したことを確認できたので無痛分娩をお願いしました。

そうしたら。

今日は院長先生がいないので、返事できません。1週間後にもう一度来てください。」と返事を保留にされました。

1人目出産時の思い出が蘇ります。

断られたらどうしよう!頭はそればかりです。

もう一か所近くに無痛分娩取り扱い産院があったのですが、そちらは妊娠を待っている間に出産を取り扱わなくなってしまったのです。その次に近い無痛分娩取り扱い産院は電車で30分。

いや、それよりも最悪はこのまま当日決めましょうとか引き延ばされて、当日に普通分娩にされてしまったら…!?

一週間、ものすごい不安でした。

院長先生に無痛分娩を申し出る

翌週の院長先生の診察時に、何も言われる前から「無痛分娩を希望します!お願いします!」と申し出ました。

院長先生「…。」

院長先生は無言でカルテを見ています。

聞かれる前に言っちゃダメだった!?あなたは普通分娩できますよとか言われちゃう?なんで無痛希望なのか理由聞かれるかな?説得できるかな?

頭の中はいろんなことがぐ~るぐる。

院長先生「わかりました。」

会話、終わり!

え、今OK貰えたの?え?何もなしでOKなの?これで無痛分娩できるの!?!?思いつめてただけに軽くパニック。

院長先生「1人目も無痛分娩でした?」

私「いえ…普通…分娩でした…。」

院長先生「そうですか。(サラサラサラッと何か書く)」

これでどうやら無痛分娩OKになったようです。あまりにアッサリ話が終わって呆然としました。

本当に無痛分娩ができるみたい

あまりにスムーズにOKがもらえて心配になったので、次の検診時に院長先生が「え~っと、分娩は…」とカルテを見ながら言ったときに「無痛分娩でお願いします!!!」と挟んでしまいました。

「そうでしたね、無痛分娩でしたね。」と返ってきたので、やっぱりあれでOKだったみたい。良かった。嬉しくて「ありがとうございます。」と言ったら院長先生に微笑まれました。

1人目の時はあんなに頼み込んでもダメだったのに…。この差は地域によるのかな…?

良かったー!良かったー!次回の検診時に申込書や申込金などを持っていきます。今回の無痛分娩での出産費用は60~70万円の予定です。