春休みの暇つぶしにチャレンジ1年生が役立った

今年から幼稚園の春休みのお預かり保育を年長さんは使えなくなり、息子がずーっと家にいます。

うちの子は体力が有り余る6歳男児。外に連れ出したいものの、まだつわりが良くなっていないし、お外は寒い日も多いし。

時間を持て余し気味だったときに、チャレンジ1年生の教材がとても役に立ちました。

役に立ったチャレンジ1年生の教材

チャレンジ1年生には沢山の教材というかおもちゃがあります。うちの息子が春休みに使っていたのはこの5つです。

  • 4月号
  • 実力アップドリル
  • わくわくサイエンスブック
  • 音読ドリル
  • チャレンジスタートナビ

ただ、まかしっぱなせだと…いいかげんになりがちでした。

いいかげんにならないように気を付けた4月号

毎日1ページずつ解くはずの4月号は、次の2点からいいかげんになりがちでした。

  • 早く解きたがる
  • 次々にページを進めたがる

早く解きたがったのは、スタートナビが時間を計るためです。

問題文を読み飛ばし、パッと見で答えを書いてしまう感じです。そんな癖がついてしまっては勉強に悪影響でしょう。

「これは15分かけてやるんだよ?早すぎるよ~。」と言って、なるべくゆっくり解くように声掛けしました。「問題文をちゃんと読んだら答えられたはずだよ。声に出して問題文読もう?」と何度も言い、終わり頃にはなんとか普通に解けるようになってきました。

また、1回分を解くごとに虹の卵を育てるというストーリーと連携しているため、どんどん先に進みたがります。

何ページもやると、面倒くさいから色を塗るの飛ばしたよ!とか言い出すありさまです…。

我が家では勉強遊びという位置づけなため、「丁寧に解くなら好きなだけ進めて良い」けれど、丁寧にできないなら進めちゃダメとしました。

内容は良かった実力アップドリル

1ページ解くたびに、絵が浮かび上がるマスを塗れるため、実力アップドリルにも意気揚々と取り組んでいました。

こちらも雑にならないように「問題文を音読して、丁寧に解くならいくらだけ進めても良い」ということにしたからか、ある程度ちゃんと解けた感じです。

4月号は学力の足しにはならないレベルでしたが、実力アップドリルは少しは考える内容もありました。ただ、紙の質が悪くペラペラなのが少し残念。

何度も読み返していたサイエンスブック

動物の赤ちゃんについてや、息子が好きな人間の骨についてなど、色々な話が載っています。

ウミガメは生まれてすぐに自分たちの力で海に入るというのを読んで「ディプロドクス(恐竜の種類)もだよね!生まれてすぐに自分たちで森に入るんだよ!」など自分の知識に絡めて説明してくれます。

足の骨がどうのとか載っていて、人間の頭の骨は云々自分の知識から解説もしてくれました。⇒http://haduki.wp.xdomain.jp/2018/05/09/human-being-illustrated-book/

図鑑と近いからか、サイエンスブックも楽しいようで、何度も読み返しています。

ひたすらうるさい音読ドリル

チャレンジスタートナビにはマイクをつなげて音読したものを録音して再生できる余計な機能があります。

音読ドリルという読本を読み上げるのですが、初回に「照らす」の発音が「てらす ̄ ―_」だったため、違うんじゃない?とか言いつつお手本聞いたら、 「てらす ̄ ―_」で合ってました。

それに気を良くしたのか、何度も何度も何度も何度も…同じのを読み上げます。

初めの何回かは微笑ましく見ていたのですが、もう、ひたすら、うるさい。

早く小学校の教科書来て!そしたら国語の教科書読み上げさせるから!

チャレンジスタートナビ

これはもう、ほぼおもちゃです。携帯ゲーム機。

しりとりや数の認識などのお遊びを延々と繰り返しています。

朝9時から午後6時までの間に、1回15分までなど決めているため、チャレンジスタートナビだけをし続けることはないのが救いです。⇒http://haduki.wp.xdomain.jp/2018/11/13/rule-of-challengestartnavi-game/

ただ、紙のドリルと違って終わりが無いため、いい暇つぶしにはなっていると思います。

チャレンジ1年生はいい暇つぶしになる

チャレンジ1年生は勉強に楽しく親しむための内容と言う色が強く、学力をつけたい場合は物足りないといえるでしょう。

ただ、全体的に見て、時間がありあまる春休みの良い時間つぶしになったと思います。

その他、家に届く教材ではないですが、ネットから追加問題を貰える「チャレンジウェブ」という Webページも使いました。

漢字と計算は小学校6年生までの問題がダウンロードできます。先のほんのちょっと難しいかな?って内容まで選べて、子供も飽きずに楽しめました。学力にも繋がりそうな気がします。

子供の時間が余っている間は、チャレンジ1年生を続けさせようと思います。