子供が手を離れつつある今読む『まんがでわかる LIFE SHIFT 』

もうすぐ子供が小学生になるからか、ちょっとした喪失感みたいなものを感じています。

空の巣症候群みたいにならないように、これからの自分の人生を考えられそうな『まんがでわかる LIFE SHIFT』を読みました。

『まんがでわかるライフシフト 』を読んだ感想

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)という30万部のベストセラーのビジネス本をマンガ化した、これからの人生100年時代の生き方を考える本です。

今までの人生の3ステージとして書かれている「教育(学生)・仕事・引退(老後)」を私は「教育・子育て・引退」と変換して読みました。

子供が小学校に入ったら子育てが終わるなんてことは全くありませんが、子供中心の今の生活はきっと変わることでしょう。

どんな生き方があるか、何が大切かなどが簡潔にまとめられています。

そのため、お仕事にもっと注力する?健康維持のための運動を増やす?いやいや、子供の勉強を真剣に見る?柔軟性ってどんなことだろ?とか考えながらスラスラと読みすすめられます。

子供が小学生に入っても寂しがることなく過ごせそうな気がしてきました。

印象的だったのは、「何が正解か分からない」と弱音を吐く主人公に「選んだものが正解なんだよ」と留学生が答えるシーンでした。

何をするのが一番いいのかなぁと思っていたため、心に響きました。

ほぼマンガで読みやすいですし、子供が小学校に入る前の今、ちょっとした喪失感のある方におすすめです。