子供がゲームのルールを守れるか分かるチャレンジスタートナビ

チャレンジ1年生という通信教育で貰える、タブレット型の勉強ツール「チャレンジスタートナビ」。私にはおもちゃ型のタブレットというか、小型ゲーム機のはしりに見えます。

なのでチャレンジスタートナビでお勉強遊びをする時の簡単なルールを3つ決めました。

小学生になると友達付き合いでDSなどの小型ゲーム機を欲しがることもあるでしょう。今回のルールを守れるかどうかを、ゲーム機購入の時の判断に使うつもりです。

6歳の年長さんがゲームをするときに決めたルールを守れたかというと…

一般的な子供のゲームのルール

まず、一般的なゲームを与える時のルールを調べてみました。

ベネッセの(チャレンジスタートナビではなく、DSなどの100%ゲームのものに対する)ゲームについてのページによると、具体的なルール決めが推奨されていました。⇒http://blog.benesse.ne.jp/challetsu/tokusyuu/000158.html

具体的な部分を抜粋すると

  • 個室では使用させない
  • 1日30分など
  • 宿題を終えてから夕飯までの間
  • 8時以降はゲーム禁止

といったことを約束し、守れなかった場合の罰則を「1週間ゲームなし」のようにあらかじめ決めておいた方が良いようです。

我が家のゲームのルール

チャレンジスタートナビで遊ぶときのわが家のルールはこの3つに決めました。

  • リビングの椅子に座って姿勢よく
  • 朝の9時~夜の6時まで
  • 15分遊んだら5分以上休憩をとる

管理しやすいように子供部屋ではなく目が届くリビング限定、寝転んだりせずにちゃんと椅子に姿勢よく座ることを約束しました。

DSなどではなく通信教育のチャレンジスタートナビということもあるし、すぐに飽きると踏んでいるため、一日あたりの時間は制限せず、遊ぶ時間帯だけ決めます。

15分遊んだら5分休憩は、目を休めるためです。休憩時間が5分というのは子供が具体的に時間を決めました。スタートナビは15分で休憩するよう指示が出るありがたい機能がついていました。

ついでに、小学生になってからだと宿題やお勉強を終えてからのご褒美としてさせた方が良いようですが、まだうちは幼稚園児だし良いでしょう。

そして、ルールを破った場合の罰則も決めました。ルールを破ったら次の土曜日に使用禁止です。

息子は「翌日禁止はイヤ!」と言いつつ「土曜日禁止なら~う~ん、いいよ」とのこと。息子の頭の中ではどんな回路が繋がったのかわかりませんが、本人が納得できるならオッケーです。

6歳の年長さんはどのくらいルールを守れるか

先週の土曜日の夕方にチャレンジスタートナビが届きました。

火曜日までの3日間、確実に守っています。親の私が驚くくらい。

姿勢はすぐ崩れますが「姿勢ー」というとすぐにピシッと直します。15分という時間も、チャレンジスタートナビ自身が教えてくれるので超えることはありません。

6時まで遊んでよいお約束なのに、6時前にやり始めた時は時間を過ぎるかと思ったのですが、5時57分くらいに「ちょっと早めに終わりにしーとこっと♪」と言って片づけてました。

ゲームをした時間は

  • 土曜日 15分×2回=30分
  • 日曜日 15分×16回?=240分=4時間
  • 月曜日 15分×8回=120分=2時間

といったところです。

いずれルールを守れなくなる時が来るのかもしれませんが、うちの6歳児はとりあえずゲーム機を手に入れてすぐはお約束を守れるようです。

このまま様子を見ていきたいと思います。