佐藤ママと内村航平さんのママの『子どもの才能を最大限伸ばす子育て』を読んだ感想

「子どもの才能を最大限伸ばす子育て」を読んだ短い感想です。

子どもの才能を最大限伸ばす子育て

4人のお子さんを東大理Ⅲに合格させた通称「佐藤ママ」と、オリンピックで金メダルをとった内村航平さんのママ2人の、自分流子育てが紹介されている本です。

母親業を女優業と捉えて「見せたい親像を子供に見せる」とか、色々な興味深い考え方が載っています。

周りに協調するよりも子供優先、自分の子供に最適な方法を考えて実践することが何よりも子どもを伸ばすなど、なるほどと思いました。PTAやママ友は優先順位を決めて割り切っても大丈夫というのは安心できる言葉でした。

また、早くから子供の勉強習慣をつけさせることが大切という点は2人のママの一致した見解でした。「佐藤ママ」はなんと1歳から公文を解かせていたみたい!

まだ幼稚園生で早いかなぁと思っていたけれど、勉強習慣付けを頑張ろうと思いました。

でも、佐藤ママに影響されて本屋さんで公文のドリルを勧めてみたものの子供は喰いつかず。残念。他のドリルで頑張ってみます。