2018年に読んだ本~『子どもの才能を最大限伸ばす子育て』と『男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方』など更新~

この記事では、今年読んだ本について書きます。

順次タイトルを増やしていって、簡単な感想や取り入れたことを下に加えていく予定です。

今のところ一番興味がある本は「アドラー」系統です。

読んだ本のタイトル一覧

タイトル名をクリックすると、感想にジャンプします。

  1. アドラー博士が教える「話を聞ける子」が育つ魔法のひと言
  2. 子どもをのばすアドラーの言葉 子育ての勇気
  3. 見える学力、見えない学力
  4. とある魔術の禁書目録(インデックス)1~22・SS・SS2・新約1~10
  5. 不幸にする親
  6. お母さんの敏感期
  7. 子どもの才能を最大限伸ばす子育て
  8. 男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方
  9. 失職女子。私がリストラされてから、生活保護を受給するまで
  10. 部屋を片づけるだけで子どもはぐんぐん伸びる
  11. マイペースでずっと働く! 女子のひとり起業 2年目の教科書
  12. 名古屋嬢の謎

本の簡単な感想

アドラー博士が教える「話を聞ける子」が育つ魔法のひと言

アドラーの思想を取り入れた、読みやすい育児書です。

ケース別にどういう言葉が「魔法のひと言」になるかを沢山載せています。言葉をかけて子供から返ってきた返答ごとに、どのように返答したらいいのかもかいてあって、育児に取り入れやすいと思います。

雑誌などでアドラー流子育てをサラッと読んで、勇気づけって何?具体的にどうしたらいいの?って思ってたママさんに役立つ本だと思います。

内容を取り入れて書いたブログ⇒アドラー流子育てを取り入れやすい「話を聞ける子」が育つ魔法のひと言

子どもをのばすアドラーの言葉

抽象的な内容で、アドラーについてあまり詳しくないママさん向けの本だと思います。

アドラーの言葉を解説する『アドラー100の言葉』と似た雰囲気です。育児に関係ありそうな言葉をピックアップして、少し長めの注釈がついた感じです。

子供への言葉かけ自体は「何か手伝ってほしいことはある?」と伝えるなど抽象的で、実践的な内容を求めて読むと少し物足りないかもしれません。でも、「親といえども子どものことはわかりません」などハッとする言葉が多く載っていました。

子供へ丁寧に話しかけることを心がけようと思いました。

見える学力、見えない学力

小さい文字でびっしり書かれていて多少読みにくかったですが、役に立つ内容が多い本です。1981年には小学生の勉強時間は既に学年×10分~20分のが望ましいと言われていたのですね。

「子供に勉強癖をつけさせる方法」や「音読力、聴写力、視写力を身に着けさせる方法」「ゆっくりさんに基礎的な計算力を付けさせる方法」などがあり、子どもの学力が心配になった時に読んでも遅くない内容で、未就学児の親が取り入れるには少し早いかもしれません。

普段から数を織り込んだ会話をするという点を取り入れました。千の数、万の数などは日常で触れておかないと、学校で出てきたときにつまづきやすいそうです。

とある魔術の禁書目録(インデックス)

ライトノベルの感想はいらないかもしれないのですが…

去年、図書館での文庫(ライトノベル)貸し出し中止の要請があったってニュースになっていましたよね。無くなる可能性があるなら、興味があったライトノベルを読んでおこう!と思い借りました。

有名なだけあって、かなり細部にわたって作りこまれていて楽しい本です。

主人公の上条当麻君はアドラー流の共同体感覚が備わった子供といえるでしょう。親としては、あそこまでになると、わが子が心配でたまらなくなるなぁ。

戦闘系の内容が多く、1日1冊ペースで読んでいたら闘い疲れ?してしまったので、新約の途中で一旦休憩です。

不幸にする親

去年読んだ「毒になる親」の続編と紹介されていたため読みました。実際はちょっと違いましたが、ジャンル的には一緒でしょう。

この中に、自分がそういった親を持っているかのチェック項目がありました。22個あてはまったら…とあり、26個当てはまっていて、まだ毒親から脱しきっていないのでしょう。10年前だったらもう10個以上は多くあてはまっていただろうし、前進はしていると思います。

ちなみに、私は「毒になる親」の対決などは子供が生まれたころにこなしていて、現在は年賀状程度のやりとりとなっています。

読んでいて一番びっくりしたのは、大人になった子供にはこういうことをする…と、去年親から来た手紙まんまの内容が載っていたことです。手紙が来ていやぁな気分になったのは、コントロールしたがる親の姿が見えたからなのですね。

「ああそうか、コントロールする親的な考え方だなぁ。まさにそういう風に育てられた通りだ。」と受け取って、歪みをなおす方向にかじを取っていきたいです。

自分をもっと認めて、人に頼るとか苦手なことにもチャレンジしていきたいと思いました。

お母さんの敏感期

モンテッソーリ教育についての読みやすい本でした。昔モンテッソーリの習い事体験に行ったときに見た道具とかの紹介があったので、もう少し早く読みたかったかな。

子供をじっくりと見ることが大事とあり、教えるときの「提示」という方法が載っていました。「動作を見せるときは、言葉は使わない」のが良いそう。

効果があるのかな?と思い早速取り入れてみました。でも、おしゃべりな息子は「ここはどうなってるのー?」「こっちはー?」と次々に口にし、うまくいきませんでした。もっと子供が小さいうちから実践しなきゃいけない内容なのかな。

自分で一人でできるように援助する方法を工夫するのが「母親の課題」であり、課題をしっかりこなすことで自信を持って子育てできるというような、アドラーを連想する内容もありました。

子供が小学校に入るまでには「折る」「切る」「貼る」「縫う」が必要とありましたが、「縫う」はやらせたことがなかったので、取り入れてみたいと思っています。

子どもの才能を最大限伸ばす子育て

4人のお子さんを東大理Ⅲに合格させた通称「佐藤ママ」と、オリンピックで金メダルをとった内村航平さんのママ2人の、自分流子育てが紹介されている本です。

母親業を女優業と捉えて「見せたい親像を子供に見せる」とか、色々な興味深い考え方が載っています。

周りに協調するよりも子供優先、自分の子供に最適な方法を考えて実践することが何よりも子どもを伸ばすなど、なるほどと思いました。PTAやママ友は優先順位を決めて割り切っても大丈夫というのは安心できる言葉でした。

また、早くから子供の勉強習慣をつけさせることが大切という点は2人のママの一致した見解でした。「佐藤ママ」はなんと1歳から公文を解かせていたみたい!

まだ幼稚園生で早いかなぁと思っていたけれど、勉強習慣付けを頑張ろうと思いました。

でも、佐藤ママに影響されて本屋さんで公文のドリルを勧めてみたものの子供は喰いつかず。残念。他のドリルで頑張ってみます。

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方

一生を決めるとか、ドキッとする言葉ですよね。本屋さんで見つけて気になって手に取りました。

図書館には文字のみの本もあったので、マンガ化された本と両方を読んでみました。ほぼ内容は一緒で、マンガ版の方がまとまりがあって読みやすい印象でした。



年齢ごとにアドバイスがあり、4歳では我慢、5歳では思いやり、6歳では自信を付けさせるとありました。6歳になったら子供を信じ、迷ったら抱きしめて「大丈夫よ、あなたならできるわ」と伝えてあげるのが良いようです。

息子は5歳ですが、4歳の我慢を育てる部分がまだうまく身についていません。思いやりと自信はありそうです。

幼稚園で我慢することが増えたからか、ちょっとしたことで大泣きしたりして言うことを聞かせようとします。そんな時は「いいよ、あしたね」など期間を区切って待たせる癖をつけると良いとあったので実践してみたのですが…なかなか使える内容のワガママがありません。

「おかあさん!トイレついてきて!」とか、待たせるわけにはいかない。トイレくらい1人で行ってください…

失職女子。私がリストラされてから、生活保護を受給するまで

ふと目についてかるーい気持ちで読み始めたのですが、結構ヘビーな内容でした。

著者の大和彩さんが目指してた通り、もしも1人で失職してどうしたらいいか分からなくなった時に指南書として読むのにぴったりだと思います。

ごく普通の日常を送っているママとは世界が違う本かもしれませんし、子供がいるとまた違う感じになるとは思いますが…

あちこちに心境が綴られていて、共感できるところが多く、ぐっとくる本でした。うちも毒親なので何かあっても実家に帰ることはできず、1人で頑張るしかありません。

もしも私がリストラに合っていたら、結婚していなかったら、体調を崩していたら…もしかしたら、私も大和彩さんと同じような状況に陥っていたかもしれません。

もっと夫を大事にしよう…と思いました。

部屋を片づけるだけで子どもはぐんぐん伸びる

シンプルで綺麗な家にするだけで、こんなにもメリットがあるのか!と驚く本でした。

私は著者と似た考えを持っているのかもしれません。紹介されていることの多くをしています。

そして、うちの息子の特性は「綺麗な家の子供として書かれているタイプ」に近いことに気づきました。積極的にお手伝いしたり、勉強したり、物事に集中したり。

もしかして、私の子育てが楽になっているのはこの本に書いてあることのおかげ?なんて思いました。

実は去年の8月ごろに家の断捨離が一通り済んでいます。ブログに書きたいと思いつつ、体調不良のために書かずじまいでした(汗)

その後はどこにも手を付けていませんが、シンプルな家のままです。子供の能力を伸ばすという点からも、このシンプルな状態を維持したいと思います。

マイペースでずっと働く! 女子のひとり起業 2年目の教科書

実をいうと私も個人事業主なので、他の方の2年目以降ってどんな感じなのかな?と思い手に取りました。

でも、この本は私のような1社と契約を結んで安定してお仕事を貰っている「なんちゃって起業家」向けの本ではありませんでした。

ちゃんとした?集客からすべてを自分でこなすタイプの起業家向けのようです。本格的な起業家は大変そうですが、その分やりがいや利益などプラス面も大きそうです。

ターゲットを明確にするとか、憤りを仕事に生かすとか、興味深いことも沢山載っていました。

私はひとり起業も4年目!に入りました。もうそんなに経っているのかと一瞬びっくり。このまま頑張っていこうと思います。

名古屋嬢の謎

昔どこかで見たことがあるような題名と表紙が目に付いたので読んでみたところ、一昔前のモテの指南書的な本でした。

名古屋巻きってナチュラル・ゴージャス・やわらかいの略なんですね!初めて知りました。

そして、10数年前は「勝ち犬=結婚した人」とされていたことも知りました。昔は資格取得系以外の本は読んでいなかったので…負け犬という単語が結婚していない女性を指していることすら知りませんでした。

当時は名古屋嬢がとても評価されていて、ピンク・巻き髪・リボン・ブランド物のバッグ・デカ目アイメイクが良いという風潮があったのですね。

今ってどうなんだろう?今の若い女性が目指す状態を書いた本をそのうち探してみたいと思います。