ちきりんさんの「自分の時間を取り戻そう」を読みました

夏ごろに書いて忘れてしまっていた記事ですが、公開します。

『自分の時間を取り戻そう』は忙しすぎる人の生産性を高めて、ゆとりと成功を手に入れるための本です。多くの人が足りないと感じる「時間」などを希少資源と捉え、どうやって無駄遣いを辞めるか考えます。

忙しい4人の生活を例に深掘りしていくため、難しい内容なのにスラスラ読み進められます。

いつもながら、ちきりんさんの本は奥が深いです。

この本を読んで「自分にとっての価値があるもの」がハッキリしました。

自分の希少資源は何?

まずは「今の自分にとって、最も大切な希少資源とは何なのか?」を考えるところからです。

個人の希少資源の代表は「時間」と「お金」であり、その他に人によって違う希少資源があるようです。著者のちきりんさんは「頭がきちんと働く時間」で、人によっては「やる気」「エネルギー」「子供と触れ合う時間」「健康」「ママの元気」など該当します。

私が思いついた希少資源は「体力」です。子供と遊ぶとすぐにバテます。お母さんが好きな遊びは「ゴロゴロすることでしょ?」と子供に言われるくらい orz

気を取り直して。

「最も有効に使われた支出=最も生産性が高かったお金の使い途」から希少資源が分かるようなので、一覧にしてみました。

ここ半年で私の思う最も生産性が高かった出費TOP3

順位 使途 金額 価値
第一位 幼稚園の月謝 25,000円×6ヶ月
=150,000円
子供の能力が伸びる
育児ストレス軽減
自分時間の確保
第二位 私の入院費用 約12万円
(保険と高額医療費助成で
実際は少ない)
健康維持管理
リフレッシュ
人生再発見
第三位 スイミング体験費用 2,000円 スイミングの適性判断
泳力アップ
ゴーグルのレンタル
私の自由時間増加

どれも複数価値で分かりにくいなぁと思ったのですが、「複数の価値がある」こと自体が私にとって価値があるということなのかもしれません。

それと、表にしたおかげで、私にとっての希少資源は

  • お金
  • 子供にとってプラスになること
  • 私の自由時間
  • 私の精神的や身体的な元気

ということが分かりました。

一般的に数字として目に見えやすい「お金」を最重要資源として扱ってしまい、目に見えない他の希少資源を失いがちだそうです。確かにお金は大事ですが、大切なことにお金を使わず人生を安くたたき売ってしまっては本末転倒かもしれません。

お金を有効活用する≠貯金を殖やす

お金を有効活用する=出来るだけ大きな価値を自分に与えてくれるものにお金を使うこと

ということを心に、生活が楽しくなるようにお金を有効に使いたいと思います。

自分が手に入れたいものは?

生産性が高い生活とは「人生の希少資源を最大限有効に活用し、自分が欲しいモノを手に入れる生活」と書かれていて、なるほどと思ったのですが…

「自分が手に入れたいもの」が、これまたよく分かりません。モノである必要は無いと思うのですが、欲しいものが全然明確にならないのです。

分からなくなる理由の一つに、頑張りすぎることが挙げられていました。今まで費やしてきた希少資源の分だけ手に入れないと元がとれないと思って無駄に頑張ってしまうようです。

また、欲しいものを見誤る理由として、自分が本当に欲しいものと「手に入れれば社会が評価してくれるもの」が違うから「こっちを手に入れたほうが得なのではないか」「いい人生が得られるのではないか」と計算し始めるとありました。

確かに、ここ半年で最も生産性が高かった出費を見ると私は「自分の自由時間」が大切に思っているようです。でも、2人目が居てもいいんじゃない?とか、少子化だしねぇ。とか言われることもあり、もう1人欲しいと思っているのかもしれません。

欲しいものはもう少し考えます

生産性を高める

アウトプット/インプット=得られた成果/投入した希少資源=生産性

だからインプットを減らすのが生産性を上げる最善策とありました。

私は得たい成果が分からないので、まずは希少資源を増やそうと思います。具体的には

  • お金を稼ぐ
  • 子供にとってプラスになることを探す
  • 私の自由時間を増やす
  • メンタルを強くし、体力をつけるために運動をする

って感じです。

さて。

自由度が高いと「時間が自由になる」のではなく「時間の管理がより難しくなる=時間管理により高いスキルが必要になる」とあり、今私は手持ちの資源が多すぎて無駄使いをしているのではないかと思い始めました。

家の中で行うことであっても「やりたいこと」の予定を先に(無理やりにでも)カレンダーに入れて時間を確保してから「やらなければならないこと」に割り当てる時間を決めると良いようです。時間が全く足りないことが視覚化できて、始める前に生産性を高めるように考えるからだそうです。

なので、私のヨガのレッスンや夫の座禅(シンプルに生きるを読んで興味を持ったようなのでネットで座禅をしているお寺を探して勧めてみました)をカレンダーに書き込んでみました。実際に、いつもだったらダラーッと過ごす時間が自然と調整されました。

社会派「ブロガー」ということは!

・・・ブログを書いて思ったのですが、ちきりんさって「社会派ブロガー」なのですよね。つまり、ブログがあるってことだ!!!

この方の本を4冊も本を読んでるのに、なんで今まで気づかなかったのだろう。検索したら一発で出てきました⇒ちきりんさんのブログ

読みまくろうと思います。

今までに読んだちきりんさんの本の感想⇒『ゆるく考えよう』という題名の激辛な本を読みました

『マーケット感覚を身につけよう』と『自分のアタマで考えよう』はけっこう前に読んだので感想は書いていません。書いておけばよかったなぁ。特に『自分のアタマで考えよう』はアタマを殴られたような感じの本でした…。