七五三の参拝に行ってきました

お久しぶりです。

なんとか日常が戻ってきたのでボチボチ更新していきます!

よろしくお願いします。

さて、着物をレンタルして5歳の息子の七五三の参拝に行ってきました。

座るのが苦しいだとか、袴でトイレ行きたいとか、意外と大変でしたが、思い出に残る七五三。1日の流れを記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

朝から着物レンタルへ

我が家はスタジオアリスの早撮りをしたので、特典で無料で袴が借りられます。

2週間前位に店頭に行って、羽織を選んで、朝からゆっくり行けるように10時に予約しておきました。私は訪問着、主人はスーツで向かいます。

直前にトイレに行かせてぴったり10時に到着。

10分もかからずに選んでおいた袴と羽織にスムーズにお着替えです。

着物はベージュ(指定不可)、袴は麻の柄でした。この辺りで最も大きい神社のご紋が麻だったそうで…神社で神主さんに笑顔でご指摘いただきました。麻柄にしてくれたのはスタジオアリスのご厚意だったのかも。

私は撮り損ねたポーズがあったので撮影をお願いしてありましたが、特にそういったトラブルが無くてもタダで撮影してくれる特典もあったみたいです。

スタジオアリスに電話して七五三撮影の撮り直し交渉をしてみた

折角なので家族写真と全身ポーズも撮ってもらっちゃいました。

神社へ行くのも大変

予約は11時半。

車で向かったのですが、車に乗ったとたん。

「くるしい。脱ぎたい。」

補正のタオルも巻いているし、そんなにきつくは帯も締めていないみたいだけど、慣れないと苦しいのかな?一旦帯をゆるめるか迷ったのですが、着付け直しをするのに時間がかかるし我慢してもらいます。

座ったら苦しいみたいなので、お腹をなるべく平らにして座ってもらいました。

袴に羽織でトイレに

神社で受付をした直後に。

「僕トイレいきたいー!おっきいほうー!」

ちょっと焦りました。

ただ、レンタル袴は袴といえどズボンのようにはなっていなくて、実はスカート状なのです。

私が袴や羽織を全部たくし上げてあげて、神社のトイレで普通に座ってさせました。緊張してお腹がゆるくなったのかな?

平日だったこともあるのか、七五三のお参りは私たち1組のみ。少し神主さんを待たせてしまったみたいですが、にこやかに迎えてくださいました。

五歳児、頑張って座る

子供には「七五三は神様にお礼を言う場であること、これからもよろしくお願いしますと伝える場であること」を話しておきました。

黙って正座して座っていようね、と。

おとなしくしていられるか心配だったのですが、約10分弱?のご祈祷の間、ちゃんと正座して口をつぐんでいました。

後ろで参拝客が七五三やってる!とか、私もあそこ行きたい!とかいう声が聞こえるたびに後ろを見そうになりましたが、なんとか耐えきりました。

神主さんからも、いい子で偉いと褒められていてとても嬉しかったです。

神社を出た瞬間脱ぎたがる

私は羽織を脱いだ袴姿を撮りたかったのですが…「お参り終わったよね!脱ぐ!!!」と言い、そんな暇はありませんでした。襟元が乱れつつあったし。

車に乗るや否や脱ぎ始めます。

あっという間に全部脱いでお洋服にお着換えです。

ぐしゃっと丸めて袋に入れておいて、家に着いてから綺麗に畳みなおしました。

自宅で私は着物を脱ぎ、主人もスーツを脱いで、スタジオアリスへ着物を返しに行きます。

その道中、息子が食べたいといったところで食べたがるものを食べさせました。

追加購入

写真を撮ってもらったらついつい買っちゃいますよね。

着物を返すついでに家族写真、全身ポーズ、刀を抜いているところの追加購入をしちゃいました。

全部丸形キーホルダーでしめて2,000円くらいだったかな。ポーズ撮り忘れで電話した時のお約束通り、表情違いをポストカードにしてもらえそうです。

七五三撮影にかかった時間や金額、失敗したことなど早撮りについての記事

スポンサーリンク