【おもちゃ収納公開】GWに子供のおもちゃを断舎利しました

GW期間中に子供のおもちゃの断舎利をしました。

うちではおもちゃを2つのグループに分けています。リビングにいつも置いているおもちゃと、普段は押入れに入っていて入れ替えで1種類ずつ出して遊ぶおもちゃです。

入れ替え制のおもちゃはここ1年以上減らしていなかったので、とうとう置き場が崩れてきました。

今回断舎利したのは押入れに収納しているおもちゃです。

スポンサーリンク

断舎利で押入れがスッキリ

うちの押入れは変則的な形をしていて、右半分は奥行が浅く35cmしかありません。

35cmの奥行は物を仕舞うには狭い気がしますが、子供のおもちゃを入れるのにはピッタリ。なので、押入れの上段にすのこを敷いておもちゃスペースにしています。

今回の断舎利後の押入れはこんな感じです。

棚などで段組みすればもっと沢山詰められますが、わざと空間をあけています。子供が一目でおもちゃを見られて出し入れもしやすいように、別の種類を重ねたりせずに横に並べて置きます。

4歳8ヶ月時点で押入れに収納しているおもちゃは6種類です。左から順に

となります。一番下のバランスボールは今はリビングに出ているので写真に写っていません。

これを1種類ずつリビングに出して遊びます⇒【キッズスペース公開】子供の遊びにイライラしないシンプルなリビング

捨てるおもちゃは子供が選ぶ

ちなみに今回捨てたのは

  • 型はめのおもちゃ
  • コンビのおあそびいっぱい英語でおしゃべりという赤ちゃんの頃に買ったもの
  • プラスチックの電車

この3つです。捨てるものは息子自身が選びました。

大人の思う必要なものと子供本人の思う必要なものは違うんですね。

電車が好きなのに真っ先に電車のおもちゃを捨てると言い出したのでびっくりしました。電車のおもちゃは、ついこの間までリビング常駐だったのに。

リビングに収納しているおもちゃについて⇒4歳の子供のおもちゃをスッキリさせている方法

我が家の声のかけ方

「おもちゃがいっぱいになったから、要るものと要らないものを分けようか?」と言って和室に一緒に行きます。

最近はおもちゃを入れ替える時に「はいらないよー!」とか、おもちゃが崩れてきて「おちてきたー!たすけてー!」とか言っていました。なので、子供自身も使い勝手の悪さに気づいていたと思います。

すんなり一緒に来てふすまを開けて、コレいらない。と電車を指さします。

「本当に電車さんバイバイするの?」「うん。」

続いて一つ一つ見ていきます。

親が捨てたいおもちゃでも子供がとっておくと言うものは残します。

私は4年経つジョイントマットは捨てたらいいと思うのですが「そろそろバイバイしようか?」と聞いても「これはいる。」といいます。実際、月1くらいでは遊んでいます。ジョイントマットは子供にとっては自分が中に入れる大きなブロックみたいな感覚なのかな。

使っていなそうな物もそれとなく言ってみます。型はめを手に取って「これ最近遊んでないよね?」息子「うん、そうだねぇ」私「使ってないし、バイバイしようか?」息子「うん。」という感じです。

厳選したおもちゃを大事に使う

必要な物だけ持つことで快適に暮らすというミニマリストの考えって、子供にも良いと思います。

壊れたり使わなくなったりしたおもちゃを棚いっぱい持っていても、場所を取るだけで存在価値はゼロどころかマイナスだと思います。使いたいおもちゃが見つかりにくくなったり、散らかりやすくなったり。

必要なおもちゃだけをスペースを確保して収納すれば、子供は自分で片づけられます。別のおもちゃで遊びたくなったら、一人で片づけて新しいおもちゃを取り出します。親が「片付けなさい」なんていう必要がないので楽です。

それに大事なおもちゃだけしかないから、大切に扱います。

断舎利後はスッキリしていて使い勝手が良く、気持ちが良いです。時が経つにつれどんどんおもちゃは増えますが、うまく断舎利を取り入れて今の状態を保ちたいと思います。

我が家流片づけについて⇒毎日おもちゃをかたす息子にとってのおかたづけと、親が片づけて欲しい時の言い方

スポンサーリンク