階下から足音がうるさいと苦情が来て一生忘れられない間違った騒音対策をした話

ミニマリストたるもの、足元はフローリングにしておきたい。でも、我が家にはジョイントマットを敷きつめなければならない理由があります。

それは子供の足音です。

マンションの下の階から「うるさい」と苦情を貰ったのです。初めの頃、私は何も買わずに対策して…失敗しました。

スポンサーリンク

お引越しが始まり

今、我が家の下の階には小学生の居るご家族が住んでいます。

引っ越しのご挨拶に来た時にお互いに「すみません。気を付けますが、うるさいかもしれません。」と言い合いました。

前に住んでいたご家族も同じくらいの年の子供がいて「うるさくないですか?」と聞くと、必ず「足音が聞こえないわけじゃないけど全然平気よ」と言われていました。新しいご家庭も、小学生のお子さんの声や足音が聞こえるから音を気にしないタイプだろうと思っていました。

下の階が入れ代わってから1ヶ月も経たない休前日の夜8時ジャスト。

「ピンポーン♪」

下の家の旦那さんでした。「走る足音がうるさい」という苦情でした。自分の子供は走らないようにさせているのに、上の家は足音がうるさいと奥様がお怒りになっているとのことでした。

今まで苦情を言われたことが無かったので焦りましたが、しっかり謝罪して息子に走らないように言い聞かせました。

翌日したこと

改めての謝罪はご近所トラブルが大きくならないためには必要です。

でも。

真っ先に思ったことは、いきたくないな・・・でした。一つ下の階の家の音だって聞こえます。お子さんの足音だって声だって。なのに・・・

とはいえ、下の階の方が不快な思いをしたのは事実。

子供が走っちゃうのはある程度はしょうがないとはいえ、責任は親にあります。ご近所トラブルを大きくしないためには苦情を受けてすぐの対応が大切ですよね。

ここで何もしないでいると上のバカ親が!と怒りを募らせる可能性があります。万一過激なご家族で子供が何らかのリスクにさらされたりしても大変です。

トラブルの謝罪には食べることで形が無くなる菓子折りなどが良いとされていて、高すぎず安過ぎずの1,000円から2,000が相場です。

翌日の朝からショッピングセンターに行き、1,500円の菓子折りを買ってきました。

手土産を渡しに行くと思うとぐっと訪問のハードルが下がります。美味しいものを食べれば下の階の方の心も少しは落ち着き、騒音の怒りも軽くなるなんてプラス効果も期待しつつ。

謝罪訪問はこんな感じでした

下の階の方は10時ごろにお出かけすることが多いようなので、9時半ごろに行きました。

行く前に当時2歳だった子供にも謝るようにしっかり言い含めました。

子供が謝罪することで階下の住人の心証が良くなるし、足音を立てるのが悪いことだと子供も理解します。子供にも謝らせるのは一石二鳥です。

呼び鈴を押して、下の階の方が出ました。

私「〇〇〇号室の葉月です。昨日のお詫びに参りました。」

下の方「あぁ、はい。どうも…」

私「昨日はご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。」

下の方「いえいえ。そんなにお気になさらずに」

私「(菓子折りを差し出し)ほんのお詫びの気持ちなのですが・・・」

下の方「いえいえそんな・・・すみません。」

私「本当にうるさくしてすみませんでした。」

息子「ごめんなさい」

謝罪の目的は、もう一つありました。

私「今後の参考にさせていただきたいのですが・・・どこの足音が響きますか?やっぱり廊下でしょうか?」

下の方「いえ・・・リビングだけですね。他の音は特には気になりませんよ。」

私「そうなんですか!リビングですね!ありがとうございます。」

住んでいる感じでは一段高くなった廊下の音の響きが気になります。でも、実際の所は違うようです。これで防音対策をする場所がリビングだけに絞れました。

お菓子効果でしょうか。子供の謝罪効果でしょうか。謝罪はうまくいって少し気が楽になりました。

床材や防音アイテムを調べる

子供の足音にはどんな対策方法があるのでしょう。

まずはお部屋自体や防音アイテムについて調べました。

最もうるさい、音が伝わりやすい床材ってフローリングなのですね。カーペットや畳に比べうるさくなるだけでなく、コンクリートよりも!物を落とした音が室内に響くともいわれます。

フローリング全てが同じだけ音が響くわけではなく、使われている素材も関係してくるようです。

とはいえ、鉄筋コンクリートの防音効果の高い建物にしたいと不動産屋さんに相談して選んだ物件なので、一応は遮音効果の高いフローリング材も使っているはずなのです。

防音マットはおおまかに分けると

上に敷くもの
・カーペット
・ジョイントマット
・コルクマット

その下に敷くもの
・遮音シート
・下敷き専用ラグやマット
(・ジョイントマット)

があるようです。最も効果が高いのは、2枚重ねですね。

普通のカーペットでも声やピアノの音などは軽減できるようですし、下に敷くマットも最近は充実して来ています。既に何か敷いているなら、下敷き専用のシートやラグ、マットが良いみたいです。

我が家はフローリングのまま生活しているので、まずは上に敷くものを買って、音の軽減度合いを見て更に下に敷くものを買うのが良さそうです。

我が家にあった2種類のジョイントマットを一応足元に敷きましたが、全然枚数が足りません⇒かわいくて赤ちゃんのお気に入りになったラブラブプレイマットコスパ抜群で床のキズ対策に活躍したニトリの無地パズルマット

とりあえず頑張ってみる

うちの夫はすっごく軽く考えて無理な事を言いだしました。

足音の苦情を貰ってすぐに、また苦情が来ないように防音マットを買おうと夫に提案したら。

夫「走らせなきゃいいじゃん。そんなの買う必要ないでしょ。」

やんちゃな子供がそんなにいう事を聞くとでも?でも、とりあえず試してみようと毎日音が響かないように気を付けました。

絶対に走らないように。飛び跳ねるのもダメ。大声も叱ります。

小さな男の子が、そんなに静かな生活…できませんよね。

2歳ですよ。といいますか、4歳の今もチョコチョコ走っちゃって注意しています。

子供は大人の思うようにはなりません。

こんな感じになりました

なるだけお昼は外出するようにしても限界があります。

スリッパを履かせたらパタパタ楽しんでより走ろうとします。靴下を履かせてもあんまり効果はなさそうです。

やっぱり注意するしかありません。

例えばとある日、朝7時に起きて9時過ぎにお外に遊びに行くまでに叱った回数は、実に7回。

初めの数回は、「走らないの。」「走っちゃダメでしょ?」とかですが。「走らない!」「うるさい!」「静かに!」とヒートアップしていきます。

走る→叱る→泣く 走る→叱る→反抗する→泣く 走る→叱る→泣く エンドレス。

朝の2時間で7回だけでなく、もちろん昼も夜もです。段々、イライラするようになりました。

私はどちらかというと温和なタイプだと自負しています。しかし。何度言っても走る息子。トイレ前、呼ばれた時、ご飯前など意外と走っています。

あまりに息子が走るので、初めて手が出ました orz

「走らないって何度言ったらわかるの!」

パチンッ!

生まれて初めてほっぺを叩かれた息子は、凄い顔をして・・・

『ぃぃたいぃぃ~!!!』

と言って泣きました・・・・・。ごめんなさい。お母さんも泣きたかったし思い出すだけでも泣きそうです・・・。多分一生忘れられないです。

手をあげたことを反省して自制はしましたが、しばらくすると常にイライラして頭が痛くなってきました。しかも、眉間にしわができました。息子に指摘されて気付きました。

息子は「おなかいたい」とよく言うようになりました。

そしてお出かけから帰ろうとすると「おうちかえりたくない」と。

もうダメだ。

2歳男児を走らせないなんて無理!防音マットを買うことにしました。

この時に買ったジョイントマット⇒防音効果を実感できたふかふかの1.6cm抗菌SUPERビッグマット

後に残ったもの

ある程度の防音対策が出来るまで、一時怒ってばかりでした。

息子は頻繁に「おなかいたい」というし、私も頻繁に気持ち悪くなったりして優しく接することが出来ませんでした。

そんな中でも息子はけなげでした・・・

イライラしつつコープの注文書を書いていた時の事。息子は椅子によじ登って後ろに回り込み、私の首のあたりを両手できゅっと抱きしめて

「だいすき」

びっくりして、後ろを振り向き、『今なんていった!?』と言うと、剣幕に驚いて

「ごめんなさい」

『もう一回言って』と言っても、言ってくれませんでしたが、注文書なんて急ぐことでもないしとギュッと抱っこして息子の相手をしました。

神経過敏になると走らずとも大きな音を立てるのが気になるもの。『静かにして!大きな音嫌い!』と言ったら、なんだか変な顔になって

「おかあさん、わらってよぉ」

といいつつ、息子は頑張って笑顔を作ってます・・・うぅぅ orz

夜に『イライラしちゃってごめんね。お母さん、だい君が走ると下のお家に大きな音がしてご迷惑がかかってとっても困るの。だから走るの嫌いなの。でも、だい君のことは大好きなんだよ。』と言うと。

「おかあさん、ぼくもおかあさん、おっきいだいすき」

大きい大好きってなんだ?とか思いましたが、とっても嬉しい限りでした。

そんなこんなのイライラで苦しい日々ももう終わり!よく歩く&走る場所には防音対策のジョイントマットを敷いたから!

後に残ったのは、お母さんにぎゅって抱きついてくれたりとか、毎晩おっきいだいすき!って言い合う習慣です。

2年後には更に良い防音用ジョイントマットを追加で買いました⇒マックスシェアーの20mmジョイントマットはコスパが良く満足

スポンサーリンク

コメント

  1. YK より:

    こんにちは!
    私も昔アパートにいたときに上の階の方と騒音トラブルになりました。
    その時は子どもがいなかったのでここまでの大変さが分からず、夫が騒音対策をお願いしに行きました。
    でも子供がいる今となっては、この年ごろの子がいてうるさくするなは無理な話だと分かって
    申し訳なかったな・・・と思っています(;;)

    旦那さん・・・2歳児くんにそれは無理難題ですよ~(>_<)
    その後わかってくれましたか??

    手が出てしまった場面、わかります、わかります・・・。
    悪循環ですよね、まさに同じことが我が家でも・・・。

    また楽しみにしています!

    • 葉月 より:

      こんにちは!
      コメントありがとうございます(*´▽`*)

      私も子供が居ないときは、うるさい子供とその親に嫌悪感を持っていました。
      子育てをしてみないと分からないことがたくさんありますよねorz

      実は夫は全く分かってくれていません。
      話し合っても無駄だったので、私の稼ぎからジョイントマットを購入しました。
      今年の買い替えも私払いで・・・自分で稼ぐのはやはり大切だなと思っています。

      またいつでもいらしてくださいね♪