【キッズスペース公開】子供の遊びにイライラしないシンプルなリビング

子供はおもちゃを広げるのが大好き。

そんな中でもスッキリしたお部屋でいられるのは、リビングの一角にキッズスペースを設けているからだと思います。

おかげで片づけなくても部屋が散らからず、イライラすることもありません。

スポンサーリンク

キッズスペースは子供の王国

完璧なミニマリストは子供のおもちゃも足元に出させないようですが、うちではそこまでしません。

線路など広げておきたいおもちゃもあるだろうし、毎日全てを片づけさせるのは酷かなと。

ということで、こんな感じのスペースを作っています。

手前のこげ茶色はリビングの共有部分の床です。そして明るい茶色のジョイントマットエリアが子供の城です。

リビング常駐のおもちゃもこのエリアに出すことがありますが、基本的には入れ替え制のおもちゃを出しっぱなしにしています。

使い道は自由で何を転がしていても親は口を出しません。むしろ、子供の王国なので

子「おかあさん、壊したら怒るからね!」

とも言われて、王国の領土を侵害したら謝罪を要求されます。

たまにカーテンの開け閉めで線路を蹴っちゃったときは

私「ごめんー!壊しちゃったぁ!」

ちゃんと謝ります。

子「いいよ。直しとくから」

そんなやり取りになります。

子供も納得するのがポイント

親がココを子供の場所と勝手に決めたらそれでスムーズにいくかというと、そうでもありません。

この形に収まるまで衝突もありつつ色々試しました。

エリアを分ける

初めは話し合ってキッズスペースをマット何枚分と決めていました。

でも、ジョイントマットがぴったりくっついていると際限なくリビングにおもちゃが広がってきます。

超えてるよ?と言うとおもちゃが戻って行くのですが、またこちら側に出てくる。地味にストレスです。

遊びに夢中になっていると境目が分からなくなるのでしょう。

エリアの間に隙間を作る

テープを貼って線を作るとか、ペンで線を書くとかもできますが…失敗した時に残ったテープの粘着部分を剥がしたり、ペンの色を消すのが手間です。

なので、ジョイントマットを2つに分けて隙間を作ることにしました。

すると隙間部分に橋をかけて侵略してきました。

子「あのね、これは橋なんだよ。だから大丈夫なの。」

何も大丈夫ではありません。でもなんだか嬉しそうで下手に怒れません。

ジョイントマットの色を変えてエリアを区別

ということで、最終的に落ち着いたのが色分けです。

去年までは子供スペースはニトリのパズルマット、共有スペースが茶色のジョイントマットでした。

ジョイントマットが古くなっていたこともあって、今年頭にこげ茶色のを新しく買い足しました。

キッズエリアに使っている茶色のジョイントマットは端っこがナナメだし、1.6cm厚あってしっかりした作りで気に入っています。

ただ、滑り止めが効きすぎて掃除機をかけにくいのが少し不満でした。子供が滑らないという点では文句なしなのですが。

共有エリア部分用に少し前に買ったのが2.0cm厚のジョイントマット。

子供が大きくなって音がより響くようになるかなと思って0.4cm厚みを増やしました。

なかなか温かくて弾力もあり、いい感じです。

たんすのゲンのジョイントマットと迷ったのですが、じっくり見比べたところほとんど違いが無いみたい。マックスシェアーというお店で買えば1年保障がついていたのが決め手でこれにしました。

買う時にかなり色々調べたので、今度記事にしますね。

色を分けてからは子供スペース内でのみおもちゃを広げるようになりました。

必ず子供スペース内で遊びがおさまるわけではなく、例えばブロックをしていて

子「皆で総合公園にお出かけだよ」

とか言って共有スペースに一部持ってくることもありますが、ちゃんと子供スペースに戻っていきます。

広げたり縮めたり

初めはもっと狭いスペースにしていたのですが、線路がかさばります。

1m×1mくらいにするとたまにはみ出してきて、終わる時に寄せることがありました。

息子に「狭いよー」と言われて広げて、広げ過ぎてよく足を引っかけてしまって縮めて…

最終的に落ち着いたのが、1m10cm×1m70cmほどの広さでした。

親が勝手に場所を決めて「ここで遊びなさい」って言うだけでは子供は部屋中におもちゃを散らかすかもしれません。

一緒に考えて子供が納得できる子供専有のスペースを作ったから、その他の場所に散らからなくなったのだと思います。

足元がスッキリすればイライラが減る

大人しい女の子なら床に置きっぱなし0のお家も作れるのかもしれません。

でも、やんちゃでおもちゃを広げるのが好きな息子にそれを要求するのは少しかわいそうな気がしました。

親にストレスはかからなくても、子供にストレスがかかちゃうと思ったのです。

なのでうちには子供の王国となるスペースを設けました。

スッキリした部屋を作る目的はなんでしょう?

私にとってはおもちゃを踏んで足を痛めないことです。そして床に雑多なものが転がっていててイライラしないことです。

子供スペースにはおもちゃが出ていますが、それは散らかっているとはみなしません。何の邪魔にもなりませんから。

なんで広がるのかな?と思っていろいろ試した結果、うちはこんな感じに散らからない快適なリビングを手に入れました。

スポンサーリンク