花粉の季節が楽になったバスタオルの断舎利

どこのご家庭でも使っているであろう、バスタオル。

今までバスタオルを無くすなんて発想は全くなかったのですが。

最近お気に入りの筆子ジャーナルというブログで「バスタオルを使わないシンプルライフ」という記事を読み、目からウロコが落ちました。

早速実践してみたところ快適でした。

スポンサーリンク

バスタオルを断舎利した理由

3月。それは花粉の季節。

うちは夫が花粉症なので2月後半から洗濯物は部屋干しです。

こんな感じの空気清浄兼乾燥機を使っているのですが、バスタオルの乾かないことと言ったら。

一番風があたるいい場所に置いてあげないと生乾き状態が長引きます。

バスタオルを洗う頻度は3日とか1週間に1回というご家庭もあるようです。でも、我が家は毎日。夫に毎日洗って欲しいと言われています。

毎日2枚のバスタオルを洗うと最低でも2回は洗濯が必要です。

ところが。私がバスタオルを使わなくなれば日によっては洗濯が1回ですみます。

バスタオルハンガーが壊れたのも良いタイミングでした。うちには夫のバスタオル用2本、私のバスタオル用2本、幼稚園の水泳の時など用1本、予備1本で6本あります。

そのうち2本が最近壊れました。新しく買うか迷っていたのですが、バスタオルを断舎利すれば買い直す必要がありません。

それにスペースも削減できます。

ミニマリストの私と違って、何でも貯めこみたがる夫。

押入れに使っていないバスタオルが3本も収納されています。

多すぎるというとお母さんだって使うでしょ!?って言われますが(多分夫用2本、私用1本だったみたい)今度からは私は使わないからと予備の本数を減らせます。

バスタオルを使わなくなった感想

特に不都合は感じません。

そういえば温泉では基本はフェイスタオルで全部拭いて、一応手元にあるからとバスタオルで拭きなおしていました。主に髪の毛から出るしずくをとったりひざ掛けとしてバスタオルを使っていた感じです。

そんな感じに家ではフェイスタオルで拭いて終わりです。

むしろ、なんで今まで家でバスタオルを使っていたのか不思議に思うほどです。

お風呂上りに使い終わったタオルを広げておくと翌日には乾いていて衛生的。

予想通り毎日洗っても日によっては洗濯が1回で済み楽です。

ミニマリストな息子もお母さんと一緒のフェイスタオルでいいとのこと。

花粉の季節になってバスタオルに感じていた不便さがなくなり、快適になりました。

参考にしたブログの筆子さんという方がリネンのタオルが良い的な事を書いていたので、リネン混のタオルを買ってみました。

ちゃんとしたリネンのブランドタオルは結構お高いので、リネン混です。コットンも入っているからか想像より柔らかい感触でした。

洗いざらすともっとくたっとするはずなので、楽しみです。

スポンサーリンク