【リビングのおもちゃ収納公開】4歳の子供のおもちゃをスッキリさせている方法

カエルの子はカエルというように、ミニマリストの子供もミニマリストになるようです。もう少し大きくなると自分の方針が出てくるかもしれませんが、年少さんの息子はミニマリストに育っています。

うちでは必要なおもちゃだけしか持たないので、おもちゃを転がしっぱなしなんてことは一切ありません。

どの位の量のおもちゃをリビングに置いているのか、写真も撮ってみました。

スポンサーリンク

おもちゃを与える時のルール

うちでは何でもないときは買い与えません。

プレゼントするのはお誕生日やクリスマスなどの特別な日だけです。

百均にもおもちゃが沢山あって、手軽にいくらでも買ってあげたくなりますが…基本的には買いません。

百均含むおもちゃ売り場で無駄に買って買ってー!って騒がないなんてメリットもあります。

おもちゃの置き場所

うぎではおもちゃの置き方は

  • 子供スペースに1種類ずつ出すグループ
  • リビング常駐のグループ

に分けています。

子供スペースに1種類ずつ出すおもちゃ

広いスペースが必要なおもちゃなどで、こんな感じのものです。

  • レゴクラッシック
  • 木でできた電車とレールセット
  • 積み木
  • 型はめ
  • その他2軍(1軍落ちしたけど要るもの)
  • 多機能赤ちゃん用おもちゃ
  • 遊び用ジョイントマット

リビングのすみに敷いた子供専用スペースに、どれか1種類だけ常に出ています⇒【キッズスペース公開】子供の遊びにイライラしないシンプルなリビング

この7種類は別のを出したかったら一回お片付けし、使っている1種類以外は押し入れにしまってあります。子供スペースからはみ出すことは稀で、部屋に散らかりません。

リビング常駐のおもちゃ

お部屋がちらかるタイプのおもちゃは、リビング常駐のおもちゃです。

ここにはほぼ毎日、少なくとも週に1回以上使うおもちゃが置いてあります。

棚の一段を息子専用にして片づけています。

風通しが良いようにうちにある棚は全部メタルラックです。

下の段は駐車スペースで乗り回したら駐車場に戻します。トーマスの乗り物はちょっと小さめですが、まだまだ使いたいようです。

4歳半時点のおもちゃは左手前から

  • ピアノのおもちゃ
  • 磁力のお絵かきセット(幼稚園からのもらい物)
  • 電車
  • チルミルの缶(小さいカエルとか風船とかサインペンとか入ってます)
  • ラケット(幼稚園からのもらい物)
  • ピタゴラスイッチセット(割りばしとかおかしのブーツとか色々)
  • クレヨンとメモ帳

けっこうスッキリしています。

チルミルの缶はなぜかお気に入りで捨てないというので、小物入れのカゴを撤去して代わりの入れ物として役立ってもらっています。

おもちゃの減らし方

昔は私が促して要るおもちゃと要らないおもちゃに分けてもらっていましたが、3歳頃からおもちゃが増えると「いるのといらないのわけよう」と自分から言い出すようになりました。

やり方

リビング常駐のおもちゃを山積みにします。

「おもちゃを要るのと要らないのにわけよう」と言って、1つ1つ手に取って一緒に選んでいきます。

「これは?」『いる』

「これは?」『いらない』

どんどん仕分けされていきます。

要るおもちゃって?

私からするとしっかりした作りの高かったおもちゃが要るおもちゃです。

でも子供にとっては違うようです。

グチャグチャになった紙飛行機とかが要るおもちゃで、プラスチックのしっかりしたおもちゃが要らないおもちゃだったりします。

なんでそんなものが大事なのか分かりませんが、子供なりの判断基準があるのでしょう。要るか要らないかは持ち主が判断するのがベターだと思うので、子供の判断に従います。

一通り分け終わったら、おもちゃスペースに並べていきます。

もし要るおもちゃが多すぎてきれいに並べられなかったときは「おもちゃさん多すぎてお家入れないねぇ。もう少し減らそう?」と言って、再び要らないものを選んでもらいます。

捨てる時はおもちゃに挨拶

最後に「おもちゃさんにバイバイしようね」といって、ゴミ箱まで持っていきます。

そして、一緒にバイバイ。

『おもちゃさん、いままでありがとうー!』とか言うので、「だいくん、たのしかったよ。ありがとう。ばいばい。」とか私が捨てられるおもちゃの声をあてます。

自分で選別しているので、捨てないでとか言い出すこともだだをこねることもありません。

おもちゃの総数が少なくなれば、おもちゃでお部屋が散らかりにくくなります。おかげでずっと子供が家にいる夏休みも部屋はスッキリしていて楽に過ごせました。

自分で選んだ厳選のおもちゃなので、大事に扱います。大人から見ると荒いですが、無駄に放り投げたり踏んだりは無いです。

棚をおもちゃのお家だと思っているので出しっぱなしなんてこともありません。うちでのお片付けについて⇒毎日おもちゃをかたす息子にとってのおかたづけと、親が片づけて欲しい時の言い方

年齢が変わるにつれてどんな風に変わっていくのか、ミニマリストのままでいられるのか、今後も楽しみです。

スポンサーリンク