年少さんは先生へのメッセージカードを年長さんとは違った感じに作ったほうがいいいと思うワケ

クラスの懇親会のあった日に役員さんから電話がかかってきました。

A4用紙に写真とか絵とかコメントとか書いて担任の先生に渡すので、次の保護者会で持ってきてくださいと。

私が欠席したから役員さんが電話してくれたようです。

早速作ったのですが、年長さんと年少さんでは気を付けたほうが良いことが異なると思います。

スポンサーリンク

どの位のものを作るか

軽く調べると本当にさまざまみたいですね。

すっごく手の込んだものから3分で殴り書きしたみたいなものまで。

私が目指すのは感謝の気持ちが伝わりつつ、簡単にできるあたりさわりのない無難なメッセージカードです。

1年間お世話になった先生への感謝を伝えるのが目的なので

  • 子供が感謝を伝える文章や絵
  • 親からの感謝のメッセージ

がメインです。一目で誰からか分かるように、名前だけでなく子供の写真も用意しました。

無難に作るのが良いと思う理由

今後に響くから、年少さんは無難に作るのが良いと思います。

素晴らしい出来栄えのメッセージカードは人目を惹きます。役員さんも見るし、凄ければ先生方の間でも話題になるかもしれません。

となると、来年グレードを落として作ったら、年中さんの先生はどう思うでしょう?年長さんともなれば更に良いものを作る必要も出てきます。

手先が器用みたいだからとアルバム委員とか作成系の手伝いとか面倒なものが回ってくる確率も上がると思います。周りの保護者からも○○さんはお時間あるんでしょ?って思われたら(>_<)

今後をつつがなく過ごすためには、程々のものが良いと思います。

その他の注意点

まとめてから渡すので分厚いものはダメなようです。画用紙程度の厚みなら大丈夫みたいですが、厚みのあるデコはいけないみたい。

形式によってはクレヨンも避けたほうがいいらしいです。他の子の作品に色移りしちゃうからだそう。

何枚も作る幼稚園が多いみたいだし副担任の先生もいるので役員さんに電話して聞いたのですが、今のクラスは担任の先生お1人のみだそうです。

クリアファイルに入れて渡すから、画用紙ならいいけれど段ボールとかはちょっと止めた方がいいかもと、丁寧に教えてくださいました。

準備して簡単に作成

買ったのはケント紙のみ

画用紙を探してお気に入りの百均のセリアに行きましたがA4の画用紙は取り扱いが無いらしいです。大して厚みが変わらないのでケント紙にしました。

百均でマスキングテープとかデコる材料とか色々買うといいようですが、感謝の気持ちが伝わる飾りつけって難しいと思います。ミニマリスト風の我が家では余ったテープは邪魔にしかならないし。

カワイイ工作好きな女の子とかだとまた変わると思いますが、うちでは余ったらゴミ箱行きになりそうです。

なので、用紙だけ買って支出は108円のみでした。

どんな作りにする?

A4のクリアファイルにいれるようなので先生が見やすいように縦に用紙を使います。

色画用紙や折り紙で工作するといかにも幼稚園っぽくて素敵ですね。でも、うちの息子は年少さんだしそこまで手先が器用ではないので、メインでつくるのは私になります。

幼稚園の先生は工作のプロです。私にはプロに堂々と渡せるほどの工作の実力がありません orz

ということで、色々可愛くデコるような工作系のカードは避けて、写真がメインで子供の絵をちょっと足したようなものを作ることにしました。

写真などの印刷

写真をL判の写真紙に印刷したのですが、A4にL判て小さいですね。先生大好きな息子なのでハート形に切るとかなり小さくなります。数をいっぱい貼る手もあるのですが…

A4の用紙に大きく直接印刷することにしました。

ブログに写真を載せる時に使うフリーのソフトでちょちょっと♡の形にしました。そして、A4サイズで作った下地にオン。大きさは思いのままなので下3分の1くらいにしました。

「先生は女の子だからピンク!」というので先生のお名前をピンクで書き。

写真の横のスペースに先生へのお礼のメッセージを入れます。私にとってメインはここなので、あーでもないこーでもないと書いて何気に一番時間がかかりました。

子供の絵

文字を書けない息子にとってのメインがここです。

万一を考えてクレヨンではなくお遊び用のペンを使って絵をかいてもらいました。

大好きな先生を書いておかざりのぐるぐるも書きました。丸に見えるけれどたぶんハートなんだろうと思います。

かなり簡単な絵ですが、何度も書き直し、ハサミで切って失敗してやり直し…とした、息子なりの力作です。

私がハサミで切って、子供がのりをつけて用紙に張り付けました。

1時間で完成!

だいたいの時間と流れはこんな感じで、60分ほどかかりました。

  1. 写真撮影 10分
  2. 写真の選定&印刷(ボツ) 5分
  3. 画像の加工 10分
  4. 親のメッセージ作成 20分
  5. 子供のお絵かき 10分
  6. 貼り付け 5分

家にあるペンとかコピー用紙とかを使ったので、出費はA4ケント紙の108円のみ。

掛けた時間相当のほどよいメッセージカードができたと思います。

当日の様子⇒休んだ懇親会直後の保護者会でビックリ

スポンサーリンク