親子エプロンを用意したら子供が率先してお手伝いするようになった

冬休みもお手伝い欲が旺盛だった4歳の息子。

より出来ることが増えています。やっている内容も少しずつ大人レベルに近づいてきました⇒4歳児でもできるお手伝い65個

キッチンでお手伝いをする前は、自分と私のエプロンをとってきて「はい!」って渡してくれます。

ペアのエプロンが息子のお手伝いに一役買っているので、今回はお手伝いの服装について書きます。

スポンサーリンク

どんな服装が良いか

まず、服はジャストサイズがおすすめです。

というのも、105cmちょっとの息子に120cmのパジャマを着せていて、朝のお手伝い時に…ひきずったズボンの裾でつまずかれたからです(汗)

例えお休みの日でも朝からガッシャーンってされると心の余裕が無くなります。

そして、エプロンを用意するのがおすすめです。

細かい動きが苦手な子供は何をするでも洋服を汚します。

かわいいお洋服に汚れを付けられては、しみ抜きが大変。うちではなぜか外行き着を着ている時に限って服を汚されます・・・

それに、お手伝いを最初から最後までこなすときばかりではなく、途中で「ぼくもう遊びたくなっちゃった」っていうこともあります。忙しくて手が回らないと汚しちゃった服装のまま遊び初めて、リビングまで汚れるなんてことにも。

でも、エプロンをつけていれば「汚れちゃったねぇ。お終いにしたらぬごうね!」って言っておくだけで気にせずにいられます。

それにエプロンをつけるとやるぞ!って気になります。エプロンをつけた子供はとても可愛らしいし♡サイズは子供サイズなら大き目で大丈夫です。

どんなエプロンがいい?

私がおすすめなのは、ママとおそろいのエプロンを揃えることです!

子供はお母さんが大好き♪小学生にもなるとペアを嫌がるとも聞きますが、幼い子供なら大喜びです。

私はミシンで小物を作るのが好きなので、息子が2歳の時に作りました。当時はお菓子作りのためと思っていたエプロンを今はお手伝いに重宝しています。

子供の分だけなら作るのは簡単でした。でも、大人用は時間がかかって大変な思いをしました。

縫合が既製品には劣る(汗)こともあり、次があったら手作りせずにちゃんとしたものを買おうと思っています。

エプロンを用意した当初は「おかあさんといっしょー♪」ってよく言っていました。おソロのエプロンをつけたくてお菓子作りやお手伝いをする!と言うこともあるほど。

うちでは少しでもストレスなくお手伝いしてもらうためのマストアイテムです。

親子エプロンを探す

スポンサーリンク