ティファールのフライパンの蓋にびっくりと後悔

前にティファールのフライパンを買ったことを書きました。

その時にフタも買おうとしたら売り切れていたのです。

しばらくはビタクラフトのフタを使っていたのですが、サイズが合っていないのでテフロンが剥げるのではないか心配で心配で。

やっとこの間手に入れました。

使ってみたら…高機能で便利。高いだけあるなぁって思いました。

スポンサーリンク

色んなフライパンに使える

今時はフライパンにピッタリのフタを取り揃えているんじゃないんですね。

24cm~30cmのお鍋やフライパンに使えるマルチタイプに進化していました。多分うちのフライパンは28cmなので、ばっちり対応。

ジャストサイズじゃないから接合部分が甘いかと思ったのですが、そんなことはありませんでした。

フタをあけるとぶわっと湯気が立ち上ります。ちゃんとフタできていて蒸気を中に閉じ込めているようです。

しかも蓋の上方向にフライパンのサイズに合わせた丸っぽい溝が3つあって、マルチサイズだから蓋が滑っちゃうってこともありません。

流石ブランド。ティファールの名前は伊達ではなかった。

ガラス窓つき

やっぱり中が見えるっていいですね。ガラス蓋のお鍋は使ったことがあるのですが、フライパンはどれも見えないタイプだったのでちょっと斬新な気分です。

フタを開けて中身を確認しなくていいので楽になりました。

それにドーム型でお洒落だなって思った形は、見た目だけではないようです。

表現が難しいのですが、蒸気がドームに集まって落ちていくみたいです。熱い空気が上るから、ガラス窓でちゃんと対流させて蒸気を閉じ込める構造です。

ガラス部分の下っ側は金属でカバーされているので、卵焼きフライパンにちょっとフタをするのにも使えました。四角いのでピッタリはしませんが、ちゃんと対流が起こって蓋の役割を果たしています。

使いやすい

取っ手が大きくて持ちやすいし、なんか軽いです。

しかも立てて置けるから邪魔にならない。

今までのふたは中心にある丸い取っ手を持ってひっくり返して置いていたので、間違って落とすことがありました。無水調理用でぴったりになるように周りが鋭く作られていたので、キッチンの床に蓋を落とした凹みがいくつもあったりします。

ティファールのフライパンカバーは周りが丸くなっているので落としても傷がつかなそう。そもそも立てて置けるから落とさなそうですが。

周りが丸くなっていても全周ではなく、下部分は平らなままの作りです。フタを持ち上げた時についている水滴がスーッと平らな部分からフライパンに入って行ってびっくりしました。

見えないところも便利に作られているのですね。

買うところは失敗したかも

私はアウトレット直営店で買いました。

蓋が欲しかったのでわずか1%割引でも買ってきたのですが…ネットで見てみると30%くらい割り引いているネットショップもあるのですね。

1%って聞いたとき買うのやめようかとも思ったのですが、「1%ならいいです」とは言えませんでした。アウトレットだからって安いとは限らないんだ orz

もっと調べてから買ったらよかったかなぁ。

使い勝手はいいけれど値段的にはちょっと後悔。

スポンサーリンク