かわいハート形マスクの作り方

幼稚園から帰ってきてすぐのことです。

マスクをつけたいというのでマスクを取り出したら。

「ハートのマスクがいい」

どういうことか聞いてみると、幼稚園にMちゃんがハート形のマスクをつけてきたらしいのです。

作ってほしいと言われたので、頑張ってみました。

スポンサーリンク

用意するもの

  • 12cm×14cmのダブルガーゼ 2枚
  • マスク用ゴム紐20cm 2本

出来上がりは9cm×11cmくらいの園児サイズです。

普通のマスクと違ってゴムひもは縫い付けます。後から調節できないので、お子さまにあわせて事前に調整してくださいね。

ハートはシャープな形にするとあごの部分がこんな感じにとんがって出ます。写真はしっかりしたハート形に作ってしまった初回の失敗マスクです。しかもちょっと大きかった。

つけた時を考えて縦方向を短くふっくら作りましょう。

heart-mask

作り方

ひとつ前に書いたガーゼハンカチの作り方と似ています。形をハートにしてヒモを挟む感じです。

1.ダブルガーゼに縦10cm横12cmのハート形を書きます。
綺麗に作るためにこの時は形に切りません。

2.中表に2枚を重ね、ゴム紐を1cm出して挟み込みマチ針でとめます。
heart-Temporary joint
左がマチ針でとめたところ、右が中の様子です。
ゴム紐を軽くしばっておくと間違って縫いつける心配がないのでおすすめ。

3.真っ直ぐなところを5cmくらい開けてハート形に縫います。黄色の点線部分です。
上の部分はけっこうカーブがきついので、奥を左に、手前を右に引っ張りながらミシンをかけます。上手くいかなければ手で縫ってもいいと思います。

4.縫い代を1cm残してハート形に切ります。

5.きれいに返せるように縫い代に1cm間隔で切り込みを入れます。下の端は三角形に切り落とします。

6.ひっくり返します。

7.内側5mmくらいのところをハート形に沿って縫います。

これで出来上がりです。

heart-mask

バザー用には向かないかも

ハート形のマスクは正直かなり手間がかかります。

最後の5mm線を縫う時に形を微調整できますが、丸い部分はなかなか思うような形になりません。

作るのを失敗したらバザー行きもありかと思います。でも、バザーに出すために作るなら普通の形のマスクがおすすめです。

そのうち普通のマスクの作り方も紹介しますね。

スポンサーリンク