夏休み明けへの備え。生活リズム・宿題・先生への対応

あれほど恐れていた夏休みも、あとわずかです。

思っていたよりも楽しく過ごせていて、もう残り1週間かぁという気分です。

この前、登校日があったのですが、朝からバタバタしちゃいました。予想以上に生活がダレてしまっていたようです。夏休み明けまでには生活のリズムを戻しておきたいと思い始めました。

スポンサーリンク

現在の生活

少し前までは我が家はサマータイムで、夜8時寝の朝5時半起きとかでした。息子は夏になるとなぜか朝早く起きるのです。朝7時頃には公園に行けて、涼しい時間帯に遊べるというメリットもありました。

でも、旦那の夏休みがあったので、今は夜11時寝の朝8時起きとかです。

登校日の前日は夜の9時に寝かせたのですが、「ねむれなーい」「ふとももー」「ほっぺー」とか言ってあちこちさわりながら、お布団の中で11時過ぎまで起きていました。

旦那が夏休みだった一週間だけでこんなにも生活リズムが崩れるとは。そういえば、体内時計は25時間らしいので、後ろにずれ込むのは簡単だけれど早めるのは難しいんでしたっけ。

夏休み明けまでには、夜9時寝の朝7時起きに戻したいところです。

早寝早起きに必要なのは

まずは、早く起きることですよね。

全カーテンをあけて、朝7時に起こすことにしました。「ぼくまだねむいの」とか言いますが、そっか。ねむいのかぁ。でも、早く起きないと夜なかなか眠れなくなっちゃうからね、と声をかけます。

眠たがってもとりあえずは日の光が浴びられる場所へ。確か、曇りでもある程度の効果はあったはず。

そして、幼稚園に行く時と同じ7時半に朝ごはん。これも生活リズムを整えるのに役に立つはず。

あちこち行って体力が回復しきっていない可能性もあるので、あまり外出はせずに家でゆっくりもさせる予定です。行っても近くの公園とかまでかな。

夜も早く寝させます。

夏休みになってからはなぜか「読んで」と言われなくなっていた絵本、おやすみロジャーも久しぶりに試してみようかな。8時半にお布団に入ることを目標にします。

幼稚園の宿題

忘れてはいけない宿題。息子の幼稚園は冊子が2冊です。

片方は提出する必要が無いので、実質的には1冊になります。

内容は半分以上がカレンダー。毎日のお天気シールと、うんちシール、はみがきシールを貼ります。これはほぼ毎日やっていました。

イマドキはYahoo!で過去の天気も見られるし。便利な世の中になったものですね。

毎日のメモ欄もあります。おあずかりほいくとか、カレーを作ったとか、簡単な内容でいいので、なんとか全部埋まっています。思い出せない日は旦那にも聞いたりして、ショッピングとか、○〇公園に行ったとか書いています。

夏休みの思い出ページ

夏休みラストになるまで手が付けられなかったのが、思い出ページです。

多分この部分が宿題なのでしょう。

楽しかったこととか、笑ったこととか、一つ一つ息子に聞いて書いていきます。

会話ができて意思の疎通もできているのですが…なかなかうまくいきません。たのしかったことは?おかあさん!笑ったことは?おかあさん!

なんでしょう orz

お母さんとしたことが楽しかったらしいですが、何が楽しかったのかは分からず。笑っているのはお母さんと言いたいようですが、笑ったことであって、笑った人じゃないの。

最終的に楽しかったことは「幼稚園」に…。なんか家で何にもしてないみたいな。。。

思い出の絵をかくページも、おかあさん。夏の思い出は、お母さんの顔なのですか?あっちこっちいって、色々したじゃない><

思い出の物を貼るページには、鴨川シーワールドと動物公園の入場券を貼ったからそれっぽいしあがりになりました。

まだ幼稚園だから楽ですね。

思い出のページ6ページほどをまとめるのにそんなに時間はかかりませんでした。

きっと小学生とかになったら大変なんだろうなぁ。

担任の先生とのやりとり

またもや、上手くやりとりができませんでした。

うまくいかないのは私と先生だけで、息子と先生はうまくコミュニケーションがとれてるみたいです。

昨日も「あのね、S先生に大好きっていったら、先生もだいくん大好きっていってくれたんだよ」とかこっそり教えてくれました。

ちょっとは息子を見習わねば。

出来事

お預かり保育の日に、珍しくおもらしをしたらしいです。一年前におむつが外れているので、予備の洋服は持たせていません。ズボンとかパンツとか、園の洋服をお借りして帰ってきました。

帰ってきて早速洗おうとしたら・・・履いていった洋服がない。

どうやら忘れてきてしまったようです。

次に幼稚園に行く時は、登校日。お預かり保育の時の忘れものだし、担任の先生に言うのでよいのか分からなかったのですが、忘れていった日は担任の先生もいたのでお手紙を書くことにしました。

なんて書くか

何と書くのが良いのでしょう。

忘れた洋服を持たせてください?

うーん、当日見ていたのが担任の先生とは限らないし、ちょっと直接的すぎるかな。

パンツとズボンを返してください?

いやいや、なんか悪気があって返してないみたいな嫌なニュアンスがある。

けっこう頭を使って考えたのがこの文。

「いつもお世話になっております。
先日は園の洋服を貸していただきありがとうございました。汚れた洋服を持って帰り忘れてしまってすみません。
お手数おかけして申し訳ありませんがよろしくお願いします。」

これなら、私が持ち帰り忘れたから持たせてもらえますか的な雰囲気になるかな。

伝わらなかった

幼稚園から帰ってきた息子のバッグには汚れた洋服は入っていませんでした。回りくどく書き過ぎたのか。

ちゃんとお手紙は読んでもらえたようですが、先生はお忙しい身。

もっとストレートに書くべきだった orz

ということで、ほんと申し訳ないのですが電話しました。やっぱり、手紙を読んだけれど洋服を忘れていったことについては気づいていなかったらしいです。

お互いに電話で謝罪となり、連続の登校日だったので翌日にちゃんとお洋服を持ち帰らせてくれました。

しばらく前にも、担任の先生とのコミュニケーションが上手くいかなかったことについて書きました。

http://haduki.wp.xdomain.jp/2016/05/26/post-104/

この時を教訓に、ちゃんとしたお手紙を書いたつもりでしたが…。

先生はお忙しいから、色々気を回すよりも誤解のないはっきりした書き方がいいみたいです。

あと一週間楽しんでいきます

一ヶ月半近かった夏休みも、もうすぐ終わりです。

夏休み中は、いかに家事の邪魔をさせないかとか色々試してきました。

でも、息子が4歳になったことで、今の息子との時間はこの時しかないんだ。年少さんの息子と過ごせる夏休みは今だけなんだと今更ながら実感しました。

夏休み明けに備えつつ、楽しんでいこうと思います。

スポンサーリンク