鴨川シーワールド☆裏舞台ばかりに目がいったけど感動!

一昨日、鴨川シーワールドに行ってきました。

水族館自体ももちろんのこと、パフォーマンスショーがとても凄かったです。シャチ、イルカ、アシカ、ベルーガの全4種類を見てきました。

朝早く家を出たので息子は少し眠そうだったけれど、帰りにはたのしかったねー!すごかったねー!って大感動でした。

スポンサーリンク

目につくのは裏舞台

この年齢になると、全てをありのまま楽しむということが難しくなるのでしょうか。

子供のように純粋にお魚さんを見て、ショーを見るという楽しみ方ではなく、裏舞台ばかりが目につきました。

さて。鴨川シーワールドの入場料は大人2,800円、4歳以上が1,400円。あと数日で息子も4歳になって料金がかかるようになります。

一昨日は台風が来た日で延期するか迷ったのですが、3歳のうちに行きたいのと、台風でお客さんが少ないかもしれない、気温もあまり高くならないかもしれないってことで、決行してきました。

イルカのパフォーマンス

パフォーマンスの中で一番初めに見たのが、イルカです。

細やかな動きとか、ジャンプとか、凄かったのですが…

私はトレーナーさんの手元に注目。

多分技の難易度ごとに、あげるご褒美が変わっている気がします。初めは後ろウエストポーチみたいなところから小さな餌をとりだしてあげていました。

大技をするごとに、餌の大きさが大きくなっていきます。

イルカさんの上に乗って泳いだり、2頭のイルカさんにのってプールを駆け巡るローマンライドという技の後は、20cmくらい?のかなり大きめのお魚をあげていました。人を乗せたらイルカさんも消耗するよね。

イルカさんはすごくかわいらしいパフォーマンスでした。

アシカ、ベルーガのパフォーマンス

イルカ→アシカ→シャチ→ベルーガの順に見ました。

アシカはツルツルーっと歩く姿が可愛いし、ヒレみたいな片手で重そうな全身を上げたりとか筋力に驚かされました。鳴き声は豪快でした。

ベルーガは水槽内だし見なくてもって旦那が言っていたのですが、だい君がみるの!というので見ていくことに。

芸的な観点からは他の3者に劣ってしまうかもしれませんが、オウム返しのような鳴き声のお返事とか、たっぷんたっぷんの脂肪とか、珍しいものを見られました。ひねりを加えて泳いでいる表面がぼこぼこに見えるのは、セルライトなんだろうか…とか、思いつつ。

シャチのパフォーマンス開始前

鴨川シーワールドで一番人気のショーがシャチらしいですね。

他のショーは30分前に行けば好きな席が確保できましたが、シャチは30分前ではほとんど席がありません。1時間位前に行って席をとりました。

下から上がっていきながら席を探したところ、ベンチに「凄く水しぶきがかかります」的な張り紙がしてあります。上がっても上がっても貼ってある。やっとしぶきがかからない段になったと思ったら結構上の方。10段目に陣取りました。

旦那+子供でマンゴー&アイスのスムージーを買ってきてみたり、私+子供で露店を冷かしてポップコーンを買ったりして時間つぶし。

開始のしばらく前から、ポンチョを大々的に販売していました。夏限定のシャチの尾で水をかけるテールバーストとかがあるので、防水対策ですね。お値段は300円くらい。下から7段位はびしょ濡れになりますと声を張り上げていました。

大体7段目位までの人は買ったみたいです。原価は数十円くらいだろうなぁ。一回のショーで1,000枚くらい売れるのかな?人件費差し引いて、一枚の利益が200円くらいだと仮定すると一回のショーで20万くらいの副収入かな(適当です)タオルも1,000円で販売していました。

あれだけの立派な設備と立派なシャチで、凄いショーだから諸経費もきっと凄いんだろうなぁ。

シャチのパフォーマンス

水しぶきは予想通り凄かったです。10段目でもちょっとは飛んできました。

そして、何より目を引いたのが、トレーナーさんとシャチのやりとりです。

餌としてお魚をあげているのはもちろんのこと、しきりに可愛がって頭を撫でています。声もかけているっぽいし、ほおずり?をしている方も。

ご褒美の餌も、シャチの反応を見て追加であげたり、氷みたいなのをあげたり。

上に乗ってするパフォーマンスをしている時も、手を振っていないときは背中をなーでなで。あいている手は常にシャチを撫でている感じです。

ショーをさせるための魚という感じはなく、子供を慈しむみたいな。なんだか凄くシャチへの愛情を感じました。

あ、パフォーマンス自体も豪快で凄かったです。

鴨川シーワールド、おすすめです

行ける距離にお住まいでまだ行ったことが無い方は、是非お子さんが4歳になる前に行ってみてください!入場料を上回るだけの内容は十分楽しめます。あ、もちろん子供料金を払っても元が取れるだけの充実っぷりでもあります。

今はサメとエイのタッチングプールもやっていて、触ってきました。サメは、これがサメ肌!って感じの感触で、エイはつるつるというか、ぷにぷにというか、ふよふよというか、表現の難しい珍しい感触でした。

息子に何が一番楽しかった?って聞いたら「お魚さんにさわるやつ!」と。端っこで目につかない場所にありますが、行ったら是非触ってきてみてくださいね。

鴨川シーワールド、ほんとーに楽しかったです。

スポンサーリンク