3歳の子供がお布団の片付けを全て一人でしてくれた

子供は3歳になったのに一人遊びをしてくれません。ものすごく話しかけてきて、いつもは2分と放っておいてくれません。

なので私一人で家事をすんなり終わらせられることなど夢のまた夢。

それなのに朝の家事中に一切話しかけてこなくておかしいと思ったら、お布団を片づけてくれていました。

スポンサーリンク

朝の洗い物中

いつも15分程度の洗い物でも6・7回ほどは話しかけてきます。何度か時間と回数を数えたところ、だいたい2分に一回は来る計算です。

朝食を終えてすぐに

息子「おかあさんあーそーぼ」

私『おかあさんは、お台所仕事しなきゃいけないの』

息子「お台所しごとおわったらあーそーぼ」

私『お台所仕事のあと、お布団あげて、洗濯ものしなきゃ』

息子「公園は?」

私『お台所仕事して、お布団あげて、お洗濯ものおわったら、公園いこ?』

息子「うん!」

という会話をした後に、急いで洗い物をしていました。ゆっくり家事をしていると暑くなっちゃって、遊ぶ時間が短くなります。

ふと、家事がすんなりいっていることに気づきました。あれ?今日はだい君が話しかけてきてないんじゃない?よし、今の隙にササッと家事を済ませちゃおう!

家事にかかった時間は多分15分位だったと思うのですが、珍しく終わるまで一回も話しかけてきませんでした。

滅多にない事なので、流石に不安になってリビングを覗きます。

いない。

お父さんのお部屋を覗きます。

いない!?

息子がしていたこと

「おかあさん、みてみて!」後ろから声がかかりました。どうやら、和室に居たみたいです。

和室に行くと・・・!

なんと、お布団が片付いているではありませんか!!!

タオルケットや枕が全部ちゃんと押入れ上段に乗っています!

お布団がなんとなく畳まれて重ねられています!

えぇぇぇぇ!?

これ、3歳のだい君が一人でやったの!?

凄い!そして、嬉しい!

今日は母の日だったっけ?あれ、もしかして私の誕生日とか?

ちょっと感動して涙が出そうになりました。泣いたりしたら心配かけちゃうのでぐっと我慢です。

得意満面

感動のあまり、『わぁぁ。すごーい!すごーい!ありがとー!』しか言えない私に、「おかあさん、びっくりしたー?」と満面の笑み。

「あのね、足場持ってきてね、こーやって、こーーーーやってやったんだよ!」とか、逐一説明してくれます。

お布団をたたむのが、シングルは三つ折り出来るようになったけれど、ダブルはまだ難しいようです。「この2つはね、むつかしかったの。おかあさんにやってもらおうとおもって。」

不安そうな顔になって、「おかあさん、たすかった?」とか聞いてきます。『凄い助かったよー!ありがとー!』と言って、抱きしめました。

もぉぉ。もぉぉ。かわいいんだからぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

今までにやっていたお手伝い

今までもお布団を片付けるのを手伝ったことはあります。

2歳の頃は、お布団を片づけようとすると邪魔ばかりされていました。枕を手に取ると、枕に飛びついてきて、タオルケットをたたもうとすると身体に巻きつけようとして、凄く布団をあげるだけでも大変でした。

3歳になるころには一緒に枕をかたすと言いだしました。1つ押入れに上げるだけでもすごい時間がかかりました。そして途中で飽きて遊びだすことがほとんどでした。

日によってタオルケットを片づける!という日があったり、枕を3人分ちゃんと片づけられるようになり。

お布団を敷くのは簡単だけれど3つ折りは難しいようで、つい最近それっぽくたためるようになったばかりでした。

一人でやったのはもちろん、こんなに沢山ちゃんとお片付けしたのは初めてです。

これが、成長するってことか・・・

なんだか朝から感動しました。

今までに1人でやってくれたことにはお風呂関係があります⇒子供がお風呂のお手伝いを積極的にするようになった方法

心が育つのはもちろん、他にも自立心を伸ばすなど沢山あるメリットもまとめてみました⇒幼稚園児はどのくらいお手伝いするのが普通?年少・年中・年長で出来ることを調べてみた

スポンサーリンク