体力の有り余る子供と一日家にいる日は夏の大掃除がおすすめ!

先日、お外に出られない日がありました。

理由は7月28日の記事で書いた通り、虫がいたからです。

天気も悪くなかったし、息子は体力が有り余っていました。

そこで、夏の大掃除を行いました。

スポンサーリンク

夏の大掃除のメリット

やってみて思ったのは以下の4点です。

  • 子供の体力を削ってくれる
  • やることが無くて困らず済む
  • 家が綺麗になる
  • 家が涼しくなる

外に出なかったのにお昼寝したし、時間をもてあますこともありませんでした。そして、家が綺麗にもなって(って、これが本当は目的のはずですが)、水拭きをするので蒸発する際に熱を奪って少し家が涼しくなりました。

予想を上回るメリットがあったので、機会があったら是非おすすめです。

我が家の夏の大掃除

こんな感じに4ステップで行いました。

防音マットをはがす

まず、防音マットを引っぺがしました。

下の階に引っ越してきた方から足音の苦情を頂いたので、防音マットを使っています。急いで買いたかったのですが、旦那と意見が合わなくって難儀しました。機会があれば、防音マットを買った時の事も書きたいと思います。

その防音マット、1.6cmもの厚さの、分厚いものです。端っこのパーツもついているのですが、変則的な形にしているため一部分はデコボコのまま。

頻繁に掃除機をかけているので、部屋は綺麗かと思いきや。

デコボコ部分の形そのままに、ほこりがたまっていました。そして、意外と防音マットの下にもゴミが入り込んでいました。

防音マットを使っている方は、是非剥がしてみてみてください。きっと驚きますよ!

防音マットを洗う

適当に防音マットをはがしてお風呂場に持っていき、水で流します。

次のを取りに行こうと思ったら、次々に息子が持ってきてくれました。

「早い!ちょっと待って!」とか「わー!おおきい!」とかいうと、超嬉しそうに急いで次を持ってきてくれます。

おかげさまで私はお風呂場から出ることなく、スムーズに全部洗い終えました。

ごみをとる

掃除機をすぐに使ってもいいのですが、排気でほこりが舞い上がるので、まずは床にクイックルワイパーをかけました。

我が家には息子用と私用の2つがあるので、一緒にできます。

正面から向かって来たり、超適当にかける息子とたまにぶつけ合いながら、いかにも埃って部分を綺麗にしました。

そして、掃除機掛け。これは私がきっちり行いました。いつもは掃除機もやりたがる息子ですが、クイックルワイパーの下の部分を交換してあげたからかやりたがりませんでした。

足を洗って雑巾がけ

ゴミが落ちている上を歩いていたので、二人でお風呂場へ行き足を洗います。すごい汚れが落ちました。どおりで、足の裏がザラザラに感じると思っていました。

そして、メインの雑巾がけです。

膝をついて左右に手を動かすのではなく、昔話のお寺の小僧さんがやるみたいに、ダーッと縦に走ります。

久しぶりにやったときには、うまく力加減ができず走れなかったりします。

息子も真似しようとするものの、ちゃんと雑巾はかけられないみたいでした。左手雑巾、右手は床について変則的な形で拭いていました。一緒にヨーイドン!ってしてかけてみたりとか。

あ、掃除の足音が響いても大丈夫なように、下の方がお出かけでいないのは確認してから始めました。

夏の大掃除、おすすめ!

約半日かかって、リビングと廊下が終わりました。

防音マットをはがしたり、敷いたりするのが意外と手間取るので、時間がたっぷりあるときが良いと思います。

冬場は防音マットが乾き切らず、丸一日干しっぱなしにして足音が気になりましたが、夏なので数時間で完璧に乾きました。

時間が潰せて、子供の体力を削れて、家が綺麗になる夏の大掃除。

風がある日ならちょっと家が涼しくなるし、雑巾掛けはダイエットにもなるらしいです。大掃除が終わったらクーラーを入れて、シャワーを浴びた後はお昼寝。一日家にいる時におすすめです。

スポンサーリンク