親の寝つきがよくなる読み聞かせ絵本『おやすみロジャー』

うちの息子は、寝つきが悪いほうです。

9時前に寝かせても、10時まで起きている事とかザラです。

私も寝つきが悪いから仕方ないのかなぁとは思いつつも、子供が10分で寝るという絵本があったので、買ってみました。『おやすみロジャー』という、うさぎさんの読み聞かせ絵本です。

今年の1月だったか2月だったか。結構前に買いました。

スポンサーリンク

子供は10分では寝ない

買った当初は、すっごい期待して読み聞かせました。

初めの1ヶ月くらいは、今日こそは10分で寝てくれるかな?とわくわくしていました。

でも、かならず、最後まで聞いてから寝ます。読み終わるまでに40分位かかります。その後私が10分位で寝る準備して、添い寝してしばらくしてから眠る感じです。

全然眠るまでの時間が短くなってない。

寝ない原因

多分、3歳児には内容が難しいんだと思います。

たとえば、年上・年下・同い年 が分かっていません。ロジャーと同じ年齢なことから、共感を感じて話に引き込むみたいなんですが、効果がありません。そこで、「4歳でもなく、2歳でもなく、ちょうどだい君と同じ3歳です」とかって言っています。少しは興味が引かれるようになったみたいです。

まぶた が分かっていません。「まぶたってなに?」と聞かれたので教えましたが、まぶたが重くなるがいまいちイメージできないようです。

楽になる も分かりません。「楽になるってなに?」と聞かれました。力を入れさせて、力を抜かせて、この力が入っていない状態が楽ってことだよ、とか説明したのですが、ピンとこない様子。

そんなこんなで、あっちもこっちも、お話に理解できないところがいっぱいみたいなのです。

親が眠くなる

話が分からなくても、ロジャー読んでと言われることが増えたので読み続けています。桃太郎とかよりも回数は多めです。

読んでいて気付いたのですが、途中で「私が」自然とあくびします。

おやすみロージャー、子供にじゃなくて、親に効いてる!

私も寝付くまでに1時間以上かかるのですが、『おやすみロジャー』を読むとすぐに眠れることに気づきました。

試しに主人に読み聞かせして貰ったら、10分で「もう眠いからやめる。おやすみ」と言って、主人だけ先に寝ちゃいました。

どうやら、親の寝つきが良くなる本のようです。

もう少し大きくなったら子供も寝るかな

内容が理解できるようになったら寝つきが良くなるなら『おやすみロジャー』は息子がもうちょっと大きくなれば効くはず。

どのくらいの年齢になったら息子が10分で寝てくれるようになるのか、楽しみにしながら毎日読んでいます。

我が家には「お休み前のおはなし366話」という本もあります。私は色々なお話があるので、こっちをむしろ読みたい。

でも「うさぎさんのご本がいい」。

読み聞かせの環境

今までは、寝室の電気は消して、リビングの明かりを最小でつけて読んでいました。こうすれば、お部屋は暗いし、本も読める。

ロジャーは読んでいる時に眠るという設定なので、出来る限り眠りやすそうな環境を整えています。

でも、夏になって少し困りました。

暑いから窓を開けたいのです。

電気を開けて窓を開けたら虫が来ます。それは嫌だ。

桃太郎とか金太郎とかならそらんじられるから、電気消して小声でお話しできるけど、「ロジャー!」と言われる。なぜだ…なぜそこまでロジャーにこだわる。

読み聞かせ用ライトが欲しい

イメージ的には枕元に置いておいて、カチッってヒモで引っ張るような・・・。本とかに出てきそうな、カサがついた温かい光の出るライトが欲しい。LEDは寝つきが悪くなるらしいから、LED以外で。

スタンドライトは明るすぎるし、ランタンだとちょっとイメージが違う。非常用ライトとか懐中電灯とかはあるけれど、絵本を読むのには良くなさそう。

うーん、夜用ライトで調べると、フットライトが出てきますがちょっとちがうような。LEDが多いし。は、はちゅうるいライトとか…そんなものもあるんですね。

皆はどんなライトを使って絵本を読んでいるんだろう。

スポンサーリンク