年少さんがお弁当を残してくる原因と対策

満三歳児クラスの時はほぼ完食してきていたのに、年少さんになってからは必ずお残しするようになりました。

おにぎりを一個だけに減らしても残してくるって、どうしたらいいの?おかずだけにする?

それに、年少さんになってから徐々に食事量が減っているのも気になります。

お弁当作りがなんとも気が重い作業になってきたので、息子に聞いたりしながら対策してみました。

沢山たべていた息子が残すように

満3歳児クラスの時はこんな感じの、おにぎり3個のお弁当を完食してきていました。

ところが。年少さんになってからおにぎりを1個残すようになってきました。

おにぎりの量が多いのかな?と思って、まずはおにぎりを3個から2個に減らしました。でも、やっぱり、1個残してきます。

おにぎりがにがい(美味しくない、食べたくないという意味)と言うので、おむすびの素を何種類か変えてみましたが、やっぱり残してきます。

おにぎりの数を更に減らして1個にしたら、おにぎりを手つかずのまま残してきます。

そして、帰ってきてお腹が減った、お腹が痛いといいます。それはそうでしょう。いつもあんなに食べるのに、今日はお昼の主食食べてないんだから!

デザートのみかんの缶詰はもちろん、おかずは全部食べてます。卵焼き、ウィンナー、パプリカ、チーズ、葉物野菜まで全部。お野菜を残すならよく聞くけれど、なんでおにぎり残してくるの?

幼稚園の流行が原因?

幼稚園では「僕いっちばーん!」とか「私いっちばーん!」とか言うのが流行っているみたいです。

ここしばらく何でも一番になりたがります。幼稚園準備のお着替えもいっちばーん!お風呂前の準備もいっちばーん!

そして、ご飯食べ終わるのもいっちばーん!

旦那と話したところ、残すのはご飯を一番に食べ終わるためではないかと言われました。

確かにご飯はすぐに飲み込めないから、早食いに適しません。

そして、どうやら先生がおにぎり1個なら残しても何も言わないみたいなのです。

1個残しての完食?で早く食べ終わるために残していたのか。

本人が1番に飽きて食べたくなるのを待つべきなのか?

息子のリクエストを聞く

お弁当の前日に息子からリクエストがあります。

持たせ損ねた日から、必ず「あしたはおべんとうだよ!」と教えてくれて、そのまま話の流れでリクエストが来る感じです⇒お弁当を忘れました

昨日のリクエストは卵焼き、ウィンナー、そしておにぎり2個。

残してきたのに、おにぎり2個?

聞き返しても、「おにぎり2こ入れてね!」と。残すのに?なんで?と思いつつも、リクエスト通りに作りました。

おかずは卵焼き、ウィンナー、カボチャの巾着、お星さまのパプリカ、キャベツとハムのぐるぐる巻きです。

食べてきました

帰ってきてから「きょうはぴかぴかだよ♡」と言われました。

本当にお弁当箱がぴかぴかでした!

今日はおにぎりをいつもの半分くらいのサイズで作りました。2個だったから、普段のおにぎり1個分相当は食べたことになります。

なんで久しぶりに完食できたのかしら?リクエストをしっかり聞いたのがいいのでしょうか。それとも、ちゃんと食べないとお腹がすいて自分が苦しいことに気づいたからでしょうか。

後思いつくのはおにぎりをとても小さくしたこと。それと、何も混ぜ込まず塩もごく少量の白米のおにぎりにしたことくらいです。
久しぶりにお弁当を全部食べてきたぞー!

頑張って作った甲斐があった!

バンザーイ!

その後、残したり完食したりを繰り返し…工夫したことで必ずすべてピカピカに食べてくるようになりました⇒驚くほどお弁当を残さず食べてくるようになった