日本脳炎予防接種行ってきました

本当は3歳になったらすぐにやったほうが良い、日本脳炎の予防接種。

きっとデキルお母さんな皆さまはすぐに受けさせたのでしょう。

でも、うちではもう少しで4歳になろうという今受けてきました。

スポンサーリンク

なんですぐに接種しなかったか

ズバリ!息子が風邪をよくひいたからです。

満3歳児クラスに通い始めたので、かなりの頻度で風邪をひきました。来週行こうかな?と思っても風邪。

風邪が治ったと思ったら風邪。

そろそろ行けるかと思ったらお腹痛いというので延期。

そしたら夏が終わってしまって、来年の夏までにうてばいいから、急ぐ必要が亡くなったのです。日本脳炎は蚊が媒介になる病気だから、冬の間は安全だから。

急いでうちました

そんなこんなしていたら、あっという間に今年の夏が近づいてきました。

しかもジカ熱だのテング熱だの怖いことで蚊が警戒されている時期もかぶります。

ほんと、蚊って嫌ですよね!

早いところ日本脳炎の予防接種を打とうと、ようやっと重い腰を上げたのでした。

一回目の後、一週間後から二回目を打てたので、すぐに二回目も予約して打ちました。

予防接種で泣かない

うちの子は、予防接種で泣いたことがありません。赤ちゃんの頃からケロリとしています。

一説によると、お母さんが注射を怖いと思っているとそれが子供に移って、泣くそうですね。

私は高校の時から献血しまくっていた、注射のエキスパート!(される方の)

別に注射針を刺すところを見ていられるし、そんなに怖いとも思いません。もしもそのおかげで息子が予防接種を怖がらないんだとしたら、献血万歳!

次の予防接種は、小学生になる前の歳だったかな?忘れないようにしなくちゃ。

スポンサーリンク