断舎利の次はミニマリスト?玄関から手を付けてみた

世の中が断舎利ブームからミニマリストブームに変わりつつある気がします。

今回は玄関の靴と傘を断舎利しました。

スポンサーリンク

玄関から手を付ける

玄関で最も物が入っているのは靴箱。久しぶりに開いてみたら意外と数がありました。

何を残すのか、残す理由も考えながら断舎利します。

  • 弔事用革靴1足 → お葬式で使う
  • 普通用革靴1足 → フォーマルな場で使う
  • 冬用ブーツ1足 → 冬のメイン
  • 夏用サンダル1足 → 夏のメイン
  • 運動靴1足 → 子供と遊ぶ用で春秋メイン
  • お洒落履き1足 → 運動靴がダメになった時のつなぎ用
  • スリッパ1足 → いらないかな?

ほとんど捨てられません。お洒落履きは捨てるか迷います。

ついでに履く頻度は低いけれど捨てられないもの

  • 雪駄1足 → 雪や雨の日用
  • 草履1足 → 着物の時用
  • 下駄1足 → 浴衣の時用

そんなに持ってないつもりだったけれど、10足も持っていました。最小限のものを持つミニマリストだったら、何足くらい持ってるものなのかしら。

…捨てるのが目的ではなく、使うもの、必要な物を厳選するのが目的です。

どうやら私は9足の靴が最低限必要なようです。

とりあえず靴箱にはまだ余裕があるから、スリッパだけ捨てて残りはこのまま入れておきます。

傘を断舎利

現在傘立てには

  • 旦那の傘1本
  • 子供用百均傘3本
  • 私の傘4本

8本もささっています。

私の傘の内訳は日傘1本、良く使う傘が1本、10年前から持ってる傘が2本です。

昔から持っているのを2本処分します。子供用傘も1本あれば十分です。子供にどれが要るか聞いたら1本だけ指したので、子供用も2本は処分します。

どれもまだ使えるので捨てるのははばかられるため、4本を駅前の皆の貸出傘おきに置いてきました。

現在の傘立ては半分の4本だけでスッキリしました。

  • 旦那の傘1本
  • 子供用百均傘1本
  • 私の傘2本

ミニマリストは遠かった

今回の玄関見直しでは、靴を1足+傘を4本手放しました。意外と必要最低限の物って多いですね。

ミニマリストって、夏に浴衣を着たりしないのかなぁ。

ミニマリストをまねてみるどころか断舎利にすらなっていないようなお片付けですが、徐々に見直していきたいと思います。

スポンサーリンク