キライキライ言うようになったけど、言葉の発達はまだまだだと思った話

うちでは、「キライ」という言葉は使わず、「好き」と「好きじゃない」で区別していました。

この度、幼稚園で「嫌い」という言葉を覚えてきたようです。

スポンサーリンク

キライって?

TVを見ていると、○○キライ。○○スキ。とか言い出します。

昨日のご飯は息子の好きなひじきの煮物と肉じゃが、サラダを作りました。

息子 「ごはんなに~?」

私  『ひじきの煮物と、肉じゃがと、サラダだよ。』

息子 「にものきら~い!」

私  『なんで?』

息子 「にものおいしくないもん。きらい!」

私  『せっかく作ったのにそんなこと言われたら悲しいな』

息子 「だって、たべたくないも~ん」

そんな会話をしつつ、食卓にひじきの煮物を出したら。

息子 「はやくたべたい!」

にくじゃがを出したら。

息子 「これもすき!はやくたべよ!」

結局、ひじきの煮物は3杯もおかわりしました。

キライなんじゃなかったのか!これもこれも煮物だよ?とかちょっと意地悪言ってしまいました。3歳児のキライなんて、こんなもんなんですね。

言葉の発達の検査で気づいたこと

先日、3歳児検診がありました。異常は無かったのですが…

普段私は息子が普通にしゃべっていると思っていました。

ところが、実際はかなり滑舌が幼児っぽく、人によっては聞こえ方が違うのですね!

例えば、寒いときはどうする?と聞かれ「ねんねだけど、おなかかける」と答えました。これが検査員さんが書くと『ネェンネェ ダァケドォ オナァカケル』もうちょっと小文字がいっぱい入っていたような気がします。

あ、返事が上着を着るではなかったのはご愛嬌。

お布団に入っている時に蹴っちゃうので『寒いでしょ?お腹に毛布かけようね。』ってやってたからかな。

寒いときは暖房入れてたからってのもあるのかも?

それはともかく、私には「ねんねだけど、おなかにかける」って聞こえてたので驚きでした。

日常生活も気を付けて聞いてみると。

『しぃ~らわっせ♪ なぁんにぃもぱっ♪』ちなみに、メロディからしあわせなら手を叩こうなのが分かります。後半は可愛いと思っていたけれど、前半は幸せって言ってると思ってました。

試しに、何かお歌うたってみてって頼んだら、全く聞き取れない歌を歌いながら踊りました。私が知らない曲だと脳内補正されないようです。

そういえばバイキンマンの「はひふへほー」も「はひへふふー」だったし、炊き込みご飯も「たきこきごはん」だ。

昔からうちの息子は言葉が早くて助かるなぁと思ってたけど早いわけじゃなかったんだ!!!

スポンサーリンク